メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

成城石井/日欧EPA発行でワイン最大300円、生ハム最大200円値下げ

2019年01月31日商品

関連キーワード:

成城石井は2月1日、日EU経済連携協定(以下:日欧EPA)の発効を受け、EU産のワイン・オリーブ・生ハムなど最大約220アイテムを値下げする。

<ワインイメージ>
20190131seijo1 544x286 - 成城石井/日欧EPA発行でワイン最大300円、生ハム最大200円値下げ

生ハムをスタート時点では約130アイテム、以降段階的に最大約220アイテムを値下げする。

<対象ワイン>
20190131seijo2 544x305 - 成城石井/日欧EPA発行でワイン最大300円、生ハム最大200円値下げ

ワインは、100~300円を値下げし、オリーブは最大109円、生ハムは最大200円値下げする。

<対象オリーブなど>
20190131seijo4 544x367 - 成城石井/日欧EPA発行でワイン最大300円、生ハム最大200円値下げ

ソフトチーズについては、関税優遇が確定している3月末まで、5アイテムでセールを実施する。

<日欧EPAセットを880円で>
20190131seijo3 - 成城石井/日欧EPA発行でワイン最大300円、生ハム最大200円値下げ

また、ワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」でも、EU産ワイン20アイテムを値下げし、「日欧EPAセット アケオ・カヴァ・ブリュット&ブリーチーズと300日熟成プロシュートのアミューズ」(発効前1100円相当)を還元価格の880円で提供する。

成城石井では、ワインを軸に販売価格の値下げ(一部のチーズのみセール)を行うことで、顧客にヨーロッパの本物の食文化、おいしさをより一層楽しめる機会を提供する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月06日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方