小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

無印良品/高速バスで都内へ農産物輸送実験「銀座店」で販売

商品/2020年02月17日

無印良品を展開する良品計画は2月17日~3月31日、千葉県鴨川市から委託を受けた「生鮮品等貨客混載業務」について、日東交通とともに、高速バスのトランクを活用した農産物輸送の実証試験を実施する。

<輸送する農産物のイメージ>
輸送する農産物のイメージ

実証試験では、鴨川市の野菜を、安房鴨川~東京線の高速バス「アクシー号」のトランクを活用して都内へ輸送し、「無印良品 銀座」で販売する。貨客混載によって輸送コストを抑えることで、小規模生産者の負担を低減すると同時に、お客がより手に取りやすい価格での販売を可能にする。

あわせて、「レモン」や「レンコン」などの鴨川市の農産物に触れ、知ってもらう機会を創出することで、同市農産物のブランド化につなげることを目指す。実験期間中、月曜と木曜の週2回の販売を計画している。

良品計画は、商品やサービスを通じて、人と人、人と社会、人と自然をつなぐ存在でありたいと考えている。その実現に向けて、2018年4月にリニューアルオープンした鴨川市の総合交流ターミナル「里のMUJI みんなみの里」を指定管理者として運営するとともに、地元の生産者や企業と連携し、農産物直売や地域の物産品販売を進化継続している。

同施設に設置した「開発工房」では、6次産業化の推進をテーマに、鴨川市農産品を使用した加工品の研究や開発・ブランド化を、生産者のほか関連団体や企業とともに積極的に取り組み、農商工連携による農産品の高付加価値化を進めている。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧