小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カゴメ/山梨県北杜市にベビーリーフ菜園開設

カゴメは2016年11月を目途に、山梨県北杜市に、首都圏への供給拠点として、ベビーリーフ菜園を開設する。

<ベビーリーフを用いたカゴメ商品>
ベビーリーフを用いたカゴメ商品

野菜の幼葉であるベビーリーフは、健康価値が高いことで知られている。えぐみが少なく、やわらかな食感が特長で、サラダや様々な料理のトッピングとして、生のまま食べられる。

現在カゴメは、2013年に資本出資をしたベビーリーフの大規模有機栽培を手掛ける果実堂が、生産するベビーリーフの供給を受けて、単品、パックサラダとして、量販店などで販売をしている。

ベビーリーフやトマトなどを用いたパックサラダは、単身世帯・二人世帯の増加といった世帯構成の変化に加えて、その健康的な価値、またサッと水洗いするだけで使える、包丁を使わなくて良いといった簡便性が評価され、市場は拡大している。

国内のベビーリーフ市場規模は約100億円。国内におけるベビーリーフの年間1人あたり消費量は約18g。

今後の需要拡大を想定し、欧州並みの消費量(50g/人/年)に向けて拡大を続けると、2020年頃には、300億円程度の市場規模になると予測している(カゴメ調べ・予測)。

今回、同地において、新たにベビーリーフの生産・供給拠点を構える事で、今後の市場拡大に対応する体制を整えていく。

関連記事

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧