小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スプリングバレーブルワリー/代官山でドイツ風ビール「W.COPELAND 1870」提供

キリングループのスプリングバレーブルワリーは4月22日、麦芽由来の穏やかな甘味とアロマホップの芳醇な香りが特長の新商品「W.COPELAND 1870」をスプリングバレーブルワリー東京にて数量限定で提供を開始する。

「W.COPELAND 1870」は、1870年当時にW.コープランドがつくったと考えられるドイツ風ビールをイメージして、同社の最新の原料使用技術を駆使して醸造した。

厳選した麦芽による旨みと、熟成させた毬花ホップによる穏やかで上質な苦味が特長のビールだという。

スプリングバレーブルワリーの定番ビール「COPELAND」と比較すると、麦芽の香りや甘味・苦味が強く味わい深い仕上がりで、2つのビールの違いも楽しめる。

アルコール分4.5%。

■スプリングバレーブルワリー東京
住所:東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧