小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キリン/フランスで「ウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50°」テスト販売

キリンビールは9月7日、「ウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50°」をフランスでテスト販売を開始する。

<ウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50°>
ウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50°

澄んだ味わいの中に広がる、甘い樽熟香が特長。

ウイスキーのうまみ成分を閉じ込める「ノンチルフィルタード製法」を新たに採用し、樽熟原酒のうまみを生かすことで、さらに香り豊かで深い味わいに仕上げたという。

パッケージは、ボトル本体には「FUJI GOTEMBA DISTILLERY」のエンボスを施し、ウイスキーとしての本格感を表現した。

ラベルには雄大な富士山を背景に、商品名の「富士山麓」を堂々と配したことで、富士の麓でつくられた上質さと奥深い味わいを表現したデザイン。

アルコール分50%。

内容量は700ml、店頭価格45ユーロ前後。

販売予定数は約1万本。

近年ジャパニーズウイスキーの輸出数量は伸長しており、中でもフランスは輸出国1位となっている。

今回同社はDUGAS社と契約を結び、日本文化の受容性が高く、既に市場でジャパニーズウイスキーがポジションを確立している高い情報感度と発信力を持つフランスで「富士山麓 樽熟原酒50°」をテスト販売。

今回のテスト販売で、中長期的にジャパニーズウイスキーのさらなる需要拡大や「富士山麓」ブランドのグローバル育成を目指す。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧