小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サントリー ソーダ/ハイボールに合う炭酸強めにリニューアル

サントリー食品インターナショナルは3月7日、「ソーダ」、「ソーダレモン」をリニューアルする。

<サントリー ソーダ・ソーダレモン>
サントリー ソーダ・ソーダレモン

近年、炭酸水市場は伸長を続けており、そのまま飲むだけでなく、ウイスキーなどの割り材としての利用も増えている。

また、飲食店では、爽快感や飲みごたえがあり、食事とも相性がよい炭酸強めのハイボールが人気を集めている。

このような背景から、今回、飲食店で飲むような炭酸強めのハイボールを家庭でも手軽に楽しめる、「ソーダ」、「ソーダレモン」の中味・パッケージをリニューアルする。

ガスボリュームを高め、飲みごたえのあるハイボールを作れるよう硬度を100mg/リットルに設定し、厚みのある味わいに仕上げたという。

「ソーダレモン」では、同社の独自技術により、自然なレモンの風味を実現した。

ボトルは、お酒に合う上質でシンプルなデザインに、氷と炭酸の泡を表現したイラストをあしらった。ペットボトルは、充填時の最高ガスボリューム5.0GVに耐えられる専用ボトルを新たに採用し、高ガス圧の爽快感と飲みごたえをわかりやすく伝わる「強炭酸」のマークを配している。

また、裏面には、おいしいハイボールの作り方を描き、ハイボールとの相性を訴求していく。

それぞれ内容量は490ml(ペットボトル)、希望小売価格が110円(税別)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧