小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サントリー/大人のためのオレンジスパークリング目指し「オランジーナ」刷新

サントリー食品インターナショナルは3月28日、「オランジーナ」の中味とパッケージを刷新する。

<オランジーナ、オランジーナ プルミエルージュ>

「オランジーナ」は、1936年にフランスの地中海沿岸で誕生して以来、長年愛され続けている果汁入り炭酸飲料。日本では、2012年に発売し、その爽やかなオレンジの味わいとオレンジピールエキス由来の自然な苦味で好評を得ている。

発売以降、炭酸飲料市場は、40代以上を中心に拡大を続けている。今回、「オランジーナ」を支持している40代以上を中心とした大人世代に、さらに満足してもらうため、「オランジーナ」の中味・パッケージを刷新し、より上質で、果実の美味しさが体感できる、「大人のためのオレンジスパークリング」を目指す。

オレンジを手で搾ったような爽やかな香りを強化し、果実繊維を強化することで、搾りたてのオレンジのような豊かな果実感を実現した。また、独自のブレンド技術により、大人が楽しめる果実由来の複雑な味わいや自然なほろ苦さを楽しめるという。

パッケージは、深みのあるブルーを使った、トリコロールをあしらい、フランスらしさや大人っぽさを表現した。また、液色がよく見えるラベル形状で、果実のおいしさが伝わりやすいデザインに仕上げている。ボトル表面のエンボス加工は、5種類のデザイン。

内容量は160ml~1.2リットル。希望小売価格(税別)が70~320円。

また、「ブラッドオランジーナ」は新たに、「オランジーナ プルミエルージュ」として、同日より発売。

充実感がありながらも、すっきり飲める大人好みの甘酸っぱさを実現した。リボンをイメージしたラベルデザインや、「とっておきの赤」を意味する「オランジーナ プルミエルージュ」というネーミングで、特別感を演出している。

内容量は420ml、希望小売価格が160円(税別)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧