小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

タカラトミー/「スナックワールド」アニメ放送開始で玩具展開

タカラトミーは7月、レベルファイブのクロスメディアプロジェクト「スナックワールド」の玩具展開を開始する。

<トレジャラボックス第1弾>

スナックワールドは、12月の「月刊コロコロコミック」でのまんが連載開始を皮切りに、4月13日からアニメ放送、7月13日にはニンテンドー3DSソフト「スナックワールド トレジャラーズ」(対応機種:ニンテンドー3DS)の発売など大規模なクロスメディア展開が予定されている。

タカラトミーグループでは、発売されるゲームと完全連動する玩具シリーズ展開をニンテンドー3DSソフト「スナックワールド トレジャラーズ」と同じ7月から開始する。

玩具展開の軸となるのは、武器や防具のミニチュアとして忠実に再現した精巧なアクセサリー「ジャラ」と、魅力的なキャラクターやモンスターが描かれたクリスタルをイメージしたプレート「スナック」。

アニメの主人公が使用するもののデザインを完全再現しながら、ゲームとも完全連動する、これまでにないコレクション玩具です。村田製作所の小型NFCチップを内蔵させたことでゲームとの直感的な連動が実現しました。

第1弾として、「ジャラ」や「スナック」がランダムで封入されているメインアイテム「トレジャラボックス 第1弾」(希望小売価格500円/税抜)やアニメの中で主人公が持っている携帯型デバイス「フェアリポン」(希望小売価格4980円/税抜、全2色)をはじめとする9アイテムを、全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」で発売する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧