メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スシロー/10月1日、一皿税込110円を120円に値上げ

2022年05月09日商品

FOOD&LIFE COMPANIESは5月9日、子会社あきんどスシローが展開する回転寿司「あきんどスシロー」全店で10月1日から価格改定を実施し、一部店舗区分の見直しを行うと発表した。

<値上げを発表する水留社長CEO>
値上げを発表する水留社長CEO

郊外型店舗は、黄皿税込110円を120円、赤皿165円を180円、黒皿330円を360円に値上げする。また、駅前立地を中心に展開する都心型店舗は、現在、黄皿132円で展開しているが、店舗区分を準都市型、都市型に分類する。準都市型は黄皿130円、都市型は150円に価格改定する。

店舗区分は、店舗環境に応じて、郊外型、準都市型、都市型の3つの類型となる。具体的な各店舗における適用区分(郊外型、準都市型、都市型)、価格改定の詳細については、9月初旬頃に別途、発表する。

<10月1日からの価格改定の概要>
10月1日からの価格改定の概要

水留浩一代表取締役社長CEOは、「水産資源の高騰など事業環境が大きく変化する中で、我々も変化をする時が来ている。日本で生まれたうまい寿司をしっかりと次の世代に残していく。また、食とテクノロジーが融合して、かつては高くてなかなか食べれなかった寿司を、子どもとともに食べられるようにした回転寿司を、今後も続けていくため価格改定を行う」と値上げの背景を説明した。

また、「次の未来を担う子どもたちの夏休みが終わってから、価格改定をしようと考えていた。ノスタルジーかもしれないが、最後の一皿100円の回転寿司を夏休みに楽しんでもらいたい」と価格改定のタイミングについて解説した。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方