小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ライフ/アマゾン「プライムナウ」生鮮・惣菜配送が東京23区利用可能に

EC/2020年06月30日

アマゾンとライフコーポレーションは6月30日、アマゾンプライム会員向け生鮮食品配達サービス「Prime Now(プライムナウ)」の配送エリアを東京23区に拡大したと発表した。

同日より、大田区、品川区、港区の3区が配送エリアに加わり、東京23区のプライム会員が同サービスを利用できるようになった。

両社は、ライフで取り扱っている生鮮食品・惣菜のオンライン販売・配送サービスを2019年9月より東京の一部地域で開始し、対象エリアのアマゾンプライム会員に好評を得ている。

今年4月より配送エリアを順次拡大しており、5月26日から、渋谷区、世田谷区、目黒区の3区が配送エリアに加わり、東京20区で同サービスを利用できるようになった。

さらに、今後は狛江市、調布市、三鷹市、武蔵野市にも順次拡大し、今夏までに配送エリアは東京23区と4市となる予定だ。

<配送エリア>
配送エリア

■サービス概要
取扱商品:生鮮食品、惣菜など
配送エリア:今夏までに東京23区と4市
配送時間:12時~22時 (配達時間は2時間単位で指定可能)
最低注文金額:2000円以上
配送料:6000円未満の注文の場合は440円、6000円以上1万円未満の注文の場合は220円、1万円以上の注文の場合は無料
利用条件:Amazonプライム会員としての登録(年会費4900円または月会費500円)、および Prime Now専用アプリのインストールが必要

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧