メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

楽天/ネットスーパーのプラットホームを年内提供開始、ベイシアが出店

2021年08月19日EC

楽天グループは8月19日、ネットスーパーのプラットホーム「楽天全国スーパー」を2021年内に提供開始すると発表した。

開始に先立ち、群馬県を拠点に1都14県でスーパーマーケット「ベイシア」138店舗を展開するベイシアと、プラットホームへの出店について合意する契約を締結した。

同プラットホームを通じて、楽天は、西友と協働運営する「楽天西友ネットスーパー」で培ったノウハウを生かし、全国のスーパーマーケット事業者を対象に、受注管理、オンライン上の決済などネットスーパーを運営するためのシステムを提供する。初期費用は無料、売り上げに応じたシステム利用料、マーケティング費用が発生する。

また、集客、販促活動の支援、配送に伴うオペレーション立ち上げのコンサルティングなどを一気通貫で行い、これにより事業者は初期費用を抑えながら、早期にネットスーパーを立ち上げることが可能だという。

ユーザーにおいては、プラットホーム上で郵便番号を入力すると、居住エリアへの配送に対応するネットスーパーを検索でき、サービスの利用が可能。決済時に楽天IDでログインすることで、事前登録した住所やクレジットカード情報などを利用してスムーズに買い物ができるほか、「楽天ポイント」をためたり使ったりできる。

事業者のネットスーパー参入意欲が高まる一方で、ネットスーパー運営についてのノウハウ不足、システム開発のコスト負担などが課題となっていることから、楽天は、プラットホームの提供を通じて事業者のネットスーパー事業参入を支援する。

■事業者向け問い合わせ先
https://event.rakuten.co.jp/group/netsuper/open/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方