メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

米国大使館/日本にいる米国市民に「帰国を呼びかけ」

2020年04月06日行政

米国大使館は4月3日、現在、日本に滞在する米国市民に対して、直ちに米国に戻る準備をする必要があると健康警報を出した。

健康警報によると、「日本では、COVID-19症例が大幅に増加しています。 過去72時間で、全国で650人以上が陽性反応を示しており、1日あたり約200例の増加です。 4月2日、日本ではウイルスの発生以来、症例数が最大に増加しました。 全国のますます多くの医療および政治指導者が事件の急増が差し迫っていることへの懸念を表明しています」と指摘する。

事態を受け、米国大使館シャルジェダフェールジョーヤング氏は、COVID-19の世界的な普及を踏まえて、日本の米国市民に4月2日、 ビデオメッセージを発行した。

その上で、「米国市民が米国に戻ることを望む場合、彼らは今それをするように手配する必要があります。 米国に住んでいるが、現在日本にいる米国市民は、無期限に海外に留まる準備ができている場合を除き、直ちに米国に戻る準備をする必要があります」と呼び掛けている。

日本の医療制度の能力については、「今日の日本の医療システムには自信がありますが、COVID-19症例の大幅な増加により、今後数週間でシステムがどのように機能するかを予測することが困難になると考えています。 症例が急増した場合、既存の病状を持つ米国市民は、COVID-19パンデミックの前に日本で慣れ親しんだ医療を受けられない可能性があります」と指摘した。

国際線の減少については、「4月3日の時点で、日本から米国へのCOVID-19以前の飛行能力の11%のみが稼働しています。 次に何が起こるかを予測することはできませんが、日本の入国規制により、中長期的には空席がさらに減少すると想定して差し支えありません。 現在の危機の憂慮すべき現実の1つは、米国へのフライトの減少は、家族の緊急事態のためにタイムリーに米国に戻ることをより困難にしたり、不可能にさえしたりすることを意味するかもしれないということです」。

「米国への帰国を検討している米国市民は、限られた商用便がまだ利用できる間、旅行の手配をするために航空会社と協力することを強くお勧めします。 顧客の需要の減少により、米国と日本の商用航空ネットワークは減少し続けています。 現在日本に滞在して米国への帰還を求めている旅行者は、フライトのスケジュール変更やキャンセルの可能性について、航空会社にただちに相談してください」と述べている。

Health Alert – U.S. Embassy Tokyo (April 3, 2020)

なお、本稿はグーグル翻訳を活用して米国大使館ホームページ記載の情報を記事化した。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方