メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

神奈川県/新型コロナウイルス拡大防止協力金「最大30万円」支援

2020年04月15日行政

神奈川県は4月14日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休業を余儀なくされている事業者に対し、新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金を最大30万円支援すると発表した。

新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく協力要請(2020年4月10日付)に協力した事業者に最大30万円の支援を行い、負担の軽減を図る。

<新型コロナウイルス拡大防止協力金を用意>
新型コロナウイルス拡大防止協力金

支給対象事業者は、県内に事業所を有し、県からの協力要請に協力し、休業又は営業時間を短縮した中小企業及び個人事業主となる。

支給金額は、1事業者あたり10万円。要請を受けて休業している事業者が事業所を賃借している場合の加算額は、県内に所在する事業所が1事業所の場合10万円、県内に所在する事業所が複数事業所の場合20万円となっている。

家賃の補助に焦点を当てた協力金で、県議会を通り次第、国の臨時交付金を使用、交付する。申請期間は5月7日~5月末を予定している。

<拡大防止協力金を最大30万円交付>
拡大防止協力金を最大30万円交付

神奈川県の黒岩祐治知事は4月14日、新型コロナウイルス拡大防止協力金について動画を公開。同制度の概要を説明した。

黒岩知事 緊急事態宣言が出されてから今日でちょうど1週間が立ちました。事業の自粛要請に応えてくださっている皆さん、ありがとうございます。その中で東京都は自粛要請に従って、協力金を出すと言っていました。神奈川県はどうするんだと、言われてきました。

そんな中で、皆さんの話を聞くと、家賃の支払いが大変と聞きました。それならば、そこに焦点を当てて、神奈川県独自の協力金を用意しようと思います。新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金で最大30万円、申請期間は5月7日~5月末までです。

この金額を聞かれて、東京都に比べるとすいぶん少ないと思われるかもしれません。本当に申し訳ないですが、県の財政規模ではこれが精一杯です。国の臨時交付金を使わせていただきたいと思います。

本来ならば、交付金の金額が決まってからこういったものを作るのが普通なのですが、皆さんともかく時間がないということで異例の措置ですが、先にこういうアイデアを出させていただきました。議会で通り次第、すぐに皆さんのお手元に届くようにしたいと思います。この困難、難局を皆さんと乗り越えていきたいと思います。よろしくお願いします。

■問合せ先
神奈川県産業労働局中小企業部中小企業支援課
課長 森山
TEL:045-210-5550
副課長 小板橋 
TEL:045-210-5551

■新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/prs/corona_kyouryoku.html

神奈川県新型コロナウイルス感染症対策サイト

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方