小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

LINE Pay/1~11月の累計流通総額3000億円、月間取引件数1000万件突破

LINE Payは、「LINE(ライン)」上で展開するスマホのおサイフサービス「LINE Pay」が10月末の時点で月間取引件数1000万件を突破した、と発表した。

<LINE Payの事業活動>
LINE Payの事業活動

この成果を達成する過程で、今年に入ってから11月までの時点で、月間流通総額550億円を記録、累計流通総額は日本円で3000億円となっている。

「LINE Pay」は、2014年12月に日本でサービス開始されて以降、グローバルにもサービスを拡大。2017年2月には全世界1000万登録ユーザーを達成した。11月に、全世界4000万登録ユーザーを突破している。特に成長が著しいのは日本、台湾、タイの3国。

日本国内において、「LINE Pay」は3000万人以上のユーザーが登録し、現在、ゆうちょ銀行、UFJ銀行、三井住友銀行を含む48行の銀行との連携が実現している。日本のユーザーは国内ローソン全店のレジや、セブン-イレブンを中心に全国2万3000か所以上に設置されているセブン銀行ATMなどから「LINE Pay」のアカウントに残高をチャージすることができ、また、「LINE Pay」を通じて11通貨への外貨両替も可能となっている。

台湾では、「LINE Pay」はいくつかの指標においてNo.1モバイル決済サービスとなっており、登録ユーザー数220万人、CTBC との共同ブランドカード(台湾最大級の銀行であるCTBCとのパートナー提携によって発行される)発行枚数100万枚を記録し、台湾国内において前例のない規模にまで成長している。

タイにおいては、「LINE Pay」は、交通系のプリペイドカードであるRabbit Cardを提供するBSS Holdings Co., Ltd.とのパートナー提携後、Rabbit LINE Payとして生まれ変わった。国家的にキャッシュレス社会を後押ししている背景を受けて、Rabbit LINE Payはオンライン・オフラインの多様な加盟店との提携を推進することで、隔たりがなく利便性の高い決済手段の提供を目指している。

主な加盟店として、タイ国内の代表的な宅配サービスであるKerry Express、マクドナルド、その他地銀との提携が実現している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧