小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

すかいらーく/宅配と店舗の決済に「楽天ペイ」「LINE Pay」導入

すかいらーくホールディングスは11月13日、楽天、LINE Payと、すかいらーくが運営する宅配サービスと飲食店へのスマホアプリ決済サービス導入について基本合意書を締結したと発表した。

<宅配サービスにおけるスマホ決済の利用イメージ>
宅配サービスにおけるスマホ決済の利用イメージ

11月29日より、5ブランド15店舗の宅配サービスにおいて、プリント型QRコードの読み取りによる決済の導入を開始。

2019年末を目途に、約1000店舗の宅配サービスでスマートフォンによる決済が利用可能となる。

また、2019年中頃に店舗の卓上セルフオーダー端末(卓上タブレット)に表示されたQRコードの読み取りによる、「楽天ペイ(アプリ決済)」「LINE Pay」を使った決済の導入を試験的にスタートする。

さらに、2019年末を目途に、すかいらーくが運営するテーブルサービスレストラン約3000店のレジで「楽天ペイ(アプリ決済)」「LINE Pay」が使えるようになる予定。

「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードを登録することで、スマホアプリで簡単に支払いができるサービス。

同サービスの利用で、楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることができる。

支払い元となるクレジットカードを「楽天カード」に設定すると、「楽天ペイ(アプリ決済)」(200円につき1ポイント)と「楽天カード」(100円につき1ポイント)のそれぞれのポイントを貯められる。

ポイント付与金額はすべて税込価格。

「LINE Pay」は、日本国内で月間利用者数7800万人(2018年9月時点)を抱えるコミュニケーションアプリ「LINE」内から登録・利用できるモバイル送金・決済サービスで、3000万人が登録している。

「LINE Pay」にチャージした残高を街中の店やオンラインショップなどのLINE Pay加盟店で支払いや、「LINE」の友だち同士での送金にも使える。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧