小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ワークウェア製造のバートル/「e-帳票FAXサービス」で業務時間大幅削減

ネクスウェイはこのほど、システムコンサルタントを担当するアクトシステムズの協力の元、バートルが「FNX e-帳票FAXサービス(以下:e-帳票FAXサービス)」を導入し、FAX送信などの業務時間を大幅に削減したと発表した。

「e-帳票FAXサービス」は、ネクスウェイの提供する経理、物流などの業務で発生する、発注書・納期回答書・支払通知書などの帳票を自動でFAX送信するクラウド型帳票FAX送信サービスとなっている。

ワークウェアの企画・製造を手掛け、顧客起点の革新的な商品を数多く販売しているバートルは、顧客からの発注や、海外を含めた仕入れ先との連絡にFAXを使用しており、その運用に課題を抱えていた。

FAX通数が繁忙期には、1日300件となり、送信に要する時間が750分にも及んでいた。FAXの送達精度が低く、度重なる送信エラーによって顧客への返答が遅延していた。

また、FAX処理に掛かる時間によって納期回答が遅延し、クレームや顧客満足度低下の懸念があったという。

今回、バートルと同社のシステムコンサルタントを担当するアクトシステムズは、これら課題解決のため、ネクスウェイが提供するクラウド型帳票FAXサービス「e-帳票FAXサービス」を導入。その後、FAX送信時間が1日750分から1日3分日へ短縮し、99.6%削減を実現した。顧客へスピーディーな返答が可能となり、必要に応じて在庫品が不足している商品の代替提案を行う時間を確保できる。

迅速な返答により、顧客とのやり取りもスムーズになり、顧客満足度が向上。FAX送信業務に割かれていた人員や作業時間を、他業務対応に回せるようになった。

バートルの浅井氏は、「『貴重な人員を最大限活かすためにはどうするか』を考えるきっかけになりました。FAX送信にマンパワーをとられてしまうことは課題のひとつでした。本来ならば人にしかできない生産性のある仕事をやってほしいと考えていたので、『e-帳票FAXサービス』の導入によるFAX送信時間99.6%削減には感動しています。あらゆる業務について、今のやり方がベストか再考するきっかけとなりました」とコメントしている。

アクトシステムズの佐々田氏は、「今後のバートルの事業成長を見据えてクラウド型サービスである『e-帳票FAXサービス』に決めました。従来のオンプレ型システムの補強だけでは、数年後に同じ状態になることが目に見えていたためです。WEB画面の作り込みが不要な基本機能の充実も魅力的でした」としている。

■詳細はこちら
https://www.nexway.co.jp/bsalliance/jirei/burtleactsystems.html

■e-帳票FAXサービス
<利用料金>
初期費用:0円
月額費用:10,000円~

■「e-帳票FAXサービス」に関する問い合わせ先 
電話:0120-341-890 
e-mail:clp@nexway.co.jp 
https://www.nexway.co.jp/service/print/index.html

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧