流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





東京ポートシティ竹芝/発熱・マスク着用検知ロボなど実証実験

2020年08月31日 12:00 / IT・システム

アルベログランデ、東急不動産、鹿島建設は9月14日~17日、「東京ポートシティ竹芝 オフィスタワー」(東京都港区)において、東京都による先端テクノロジーショーケーシング事業「Tokyo Robot Collection」を実施する。

オフィスビルの商業エリアにおいて、最先端技術により非接触・非対面・遠隔でのサービス提供を行うなど、オフィスワーカー、施設利用者、テナント、施設運営者が、安心で効率的かつ豊かな活動ができるニューノーマルを実現するため、スマート化を推し進めることを目指す。

発熱検知、マスク着用検知「PSYKUN(サイくん)」(PSYGIG)、サイネージ、発熱検知「自律移動型ディスプレイロボット」(THK)、テレプレゼンス「newme(ニューミー)」(avatarin)などの実証実験を行う。

東京都内に社会実装モデル実証フィールドを設定し、ロボットが人間と共存してサービスを提供することで、東京都の抱える社会的課題(感染症対策、労働力の確保、移動手段の充実、外国人観光客の受け入れ環境の整備など)を解決する姿を、国内外へ向けてアピールしていく。

■Tokyo Robot Collection
http://www.tokyo-robottech.tokyo/

■東京ポートシティ竹芝オフィスタワー
所在地:東京都港区海岸1-7-1
開業:2020年9月14日(予定)

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧