メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本調剤/オンライン薬局サービス開始

日本調剤は9月1日、非接触のオンライン診療・服薬指導のニーズが高まる中、患者が自宅で服薬指導を受けられる「日本調剤オンライン薬局サービス」を開始した。

日本調剤では、患者に良質な医療サービスを提供するため、国家戦略特区における遠隔服薬指導に積極的に取り組んできた。愛知県の異なる2地域での遠隔服薬指導のほか、都市部では全国初となった千葉市での遠隔服薬指導事例など実績を積み重ねてきた。

今回、改正薬機法を受けて全国でオンライン服薬指導が実施可能となる2020年9月1日に合わせ、「日本調剤 オンライン薬局サービス」を開発した。サービスは予約機能・ビデオ通話機能を備え、オンライン服薬指導が可能となっている。

オンライン薬局サービスは、事前に利用する薬局での申し込み・登録をすると利用できる。サービスは調剤システムの患者情報に連動しているので、患者は簡単に登録ができる。日本調剤グループの全国の薬局で無料で提供する。

<24時間いつでも予約可能>

24時間いつでも予約可能で、予約確認画面からワンクリックでビデオ通話を開始できるのが特徴。患者・薬局薬剤師間で画像情報を共有してオンライン服薬指導を実施する。

サービスは2020年3月31日付で厚生労働省から発出された薬機法施行規則に準拠してオンライン服薬指導を実施するために開発した。そのため、事前に薬局で服薬指導計画書の策定やサービス申込を行うことを前提とし、計画書策定時に取り決めた薬局・薬剤師への予約のみ可能とする仕様となっている。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止のための時限的な措置として厚生労働省より発出された通知に基づき、現時点では服薬指導計画書を策定することなくサービスを利用できる。新型コロナウイルス終息の目処が立たない中であっても患者が安心して治療・服薬を継続できるよう、積極的にサービスの利用を推進する。

<ビデオ通話のイメージ>
ビデオ通話のイメージ

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方