メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

採用アプリ「matchbox」/派遣コスト最大7割削減、労務管理も一元化

2021年07月16日IT・システム

関連キーワード:

Matchbox Technologies(マッチボックステクノロジーズ)はこのほど、採用・労務管理を含めた機能を持つアプリケーション「matchbox(マッチボックス)」の総合物流大手企業への導入実験を開始した。

<派遣コストを大幅削減>
20210716m1 728x420 - 採用アプリ「matchbox」/派遣コスト最大7割削減、労務管理も一元化

Matchbox Technologiesは、DX(デジタルトランスフォーメーション)によって、労務情報の統合・一元管理、一括求人まで一気通貫で行うことができるのアプリ「matchbox」を「お仕事アプリ」と呼び、導入を推進している。

今回、総合物流大手企業に対し、2021年第2四半期(4月~6月)より10以上の事業所で導入・導入準備を行い、実証実験を開始した。

<登録者用ページ(イメージ)>
20210716m2 728x580 - 採用アプリ「matchbox」/派遣コスト最大7割削減、労務管理も一元化

「matchbox」は従業員、退職者、地域の一般求職者を登録し、シフトの共有から採用まで手軽に行うことができるお仕事アプリ。

「matchbox」を導入した企業はデータベースに登録した現役従業員やOBOG、短期アルバイトなどすべての人材に対しオンライン上で求人募集をかけることができる。

また、勤務が確定した場合は人材に合わせ雇用手続き、給与計算、支払いにも自動で対応できるようになる。データベースには、働き手側がアプリ上でQRコードを読み込んで登録申請を行い、事業社が承認することで登録される。双方合意の上で人材登録がなされるので、働き手、企業がお互いの信頼関係のもと直接求人を行うことができる。

導入先の総合物流企業では、これまで短期人材のほとんどを、派遣会社を通じて雇用していた。「matchbox」を利用し直接雇用を行うことで、被雇用者の収益を保ったまま雇用にかかっていた手数料が削減される。先行導入を行い積極利用をした一部支店では、派遣会社を使用していた場合と比較して70%の手数料削減に成功したという。

<事業者専用ページ(イメージ)>
20210716m3 728x468 - 採用アプリ「matchbox」/派遣コスト最大7割削減、労務管理も一元化

■働きたい人と直接つながることで、意思疎通のタイムラグの減少と人材情報の蓄積が可能に

「matchbox」の特長は、データベースに登録した人材に導入企業の求人が直接届くため、特定の企業で働きたいという意志が最大限尊重されることになる。また、事業所が求人依頼を出してから求人情報が届く時間が数秒であるため、働き手との意思疎通のタイムラグが大幅に短縮される。

人材の情報と勤務履歴も合わせてデジタルで登録されるため、人材に対し適切な評価を行い継続して雇用することも容易になる。登録者が増えれば増えるほど、直接求人を行うことができる人材を自社に蓄積することが可能だという。

■働き手が負担していた給与の即払い手数料を無料化

「matchbox」の機能により支払手続きも自動化されるため、働き手の給与の即払い手数料が無料。これまで派遣会社などのエージェント経由では利用者側が200円程度の自己負担で即払いを利用していたが、無料となることで結果的に働き手の収入が増えることになる。

先行導入した事業所では、1カ月の勤務件数の半数近くで即払い機能が利用され、働き手が手数料を払っていた場合と比較して平均1時間程度の時給分の負担が減少した。

Matchbox Technologiesグループは、今後も「matchbox」を通じて、物流業界が企業ごとに自社専用のデータベースに、人材を登録できるようにすることで、よりダイレクトな働き手とのつながり構築を目指す。

■「matchbox(マッチボックス)」について
「matchbox」は従業員や退職者を中心としたギグワークのプラットホーム内製化が可能。従業員、退職者、地域の一般求職者を登録し、シフトの共有から採用まで手軽に行うことができる。勤務が確定した場合は人材に合わせ雇用手続き、給与計算、支払いを全て自動化で対応。企業と働き手の信頼関係をベースとしたコミュニティを実現。現役従業員とギグワーカ―(退職者・登録制バイト)を同時にマネジメントできる。現在、関連特許を5つ出願しそのうち4つが取得済み。

■matchboxのマッチングまでの流れ
(1)募集の1時間前までに、事業所が求人する日時・人数・時給・条件などを登録
(2)求職者が、条件に合う事業所を選択し応募
(3)応募者の中から、事業所が勤務者を選定
(4)当該事業所で勤務

■Matchbox Technologies(マッチボックス テクノロジーズ)会社概要
設立:2015年7月1日
代表取締役社長:佐藤 洋彰
本社所在地:新潟市中央区女池上山3-14-10
東京本部:東京都千代田区神田錦町3-2 三基ビル3F
TEL:025-384-4457
資本金:1億4310万円(資本準備金含む)
https://mxbx.jp/business

■問い合わせ先
matchboxカスタマーサポートセンター
TEL:025-384-0706
https://mxbx.jp/inquiry

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方