メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオン/グループ共通アプリ「iAEON」配信、電子マネーなど搭載

2021年08月30日IT・システム

関連キーワード:

イオンは9月1日、ライフスタイルに合った利便性と満足度の高いサービスの提供、店舗とデジタルが融合されたシームレスな体験を提供することを目的に、グループ全体の共通のタッチポイントとなる、イオンのトータルアプリ「iAEON(アイイオン)」の配信を開始する。

イオンのトータルアプリ「iAEON」は、「WAON POINT」の利用・付与・照会・交換ができるほか、電子マネーやコード決済での支払い、「お気に入り店舗」のキャンペーン情報の確認ができるなど、グループ各社が提供するサービスをまとめて一つのアプリで利用できる。

<iAEON>
20210830iaeon1 - イオン/グループ共通アプリ「iAEON」配信、電子マネーなど搭載

iAEONでは、利用店舗を「お気に入り店舗」に登録することで、店舗からのお得なクーポンやキャンペーン情報などを簡単に確認できる。また、イオンのグループ各社が、それぞれ自社で提供しているアプリやサービスへの連携も可能になる。

「お気に入り店舗」の登録は、配信開始時、約1000店舗の中から選択ができ、5店舗まで登録が可能。登録可能事業会社は、イオン北海道、イオン東北、イオンリテール、イオン九州、イオン琉球、イオンモール、OPAで、一部対象外の店舗がある。

<iAEONの機能の一例>
20210830iaeon2 728x527 - イオン/グループ共通アプリ「iAEON」配信、電子マネーなど搭載

具体的には、「WAON POINT」をアプリ内で合算することができ、会員コードをレジで提示することで「WAON POINT」をためたり、支払いに使うことができる。

また、イオンマークのついたクレジットカードやデビットカードを登録すると、全国のグループ店舗(一部店舗を除く)のレジで、スマートフォンに表示されたバーコードを提示すると、簡単にコード決済「AEON Pay」が使える。スマートフォンに搭載のおサイフケータイ機能を利用して「モバイルWAON」 で決済もできる。

<コード決済などにも対応>
20210830iaeon3 728x523 - イオン/グループ共通アプリ「iAEON」配信、電子マネーなど搭載

今回の配信開始を皮切りに、さらなる利便性向上にむけ、支払手段の拡充や各社が提供するアプリ・サービスの連携など、機能を随時追加・更新する。さらに、段階的に登録できる店舗の拡大を進めるなど、グループ全体の共通のタッチポイントとして、進化させる予定だ。

イオンはリアル店舗と デジタルの融合を進めており、9月11日以降のイオンカードの支払いで付与される「ときめきポイント」を「WAON POINT」に共通化するなど、グループで有するデータの連携と活用、生活基盤の提供に必要となる共通のデジタル基盤の構築に取り組んでいる。

今後もイオンのトータルアプリを通じて、イオンのもつさまざまなサービスを提供することで、これからもグループ全体で地域経済の活性化に取り組み、地域に根差した商品・サービス・生活基盤の提供を進め、お客にとって、より便利で豊かなくらしの実現に取り組む。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方