メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

人流分析「BizXaaS MaP」/飲食店の仕込み量調整で廃棄食材削減を可能に

2021年10月26日IT・システム

関連キーワード:

NTTデータは11月1日、人流をリアルタイムに予測できる「BizXaaS MaP 人流分析」のサービス提供を開始する。

<「BizXaaS MaP 人流分析」の概要>
20211026n1 728x277 - 人流分析「BizXaaS MaP」/飲食店の仕込み量調整で廃棄食材削減を可能に

「BizXaaS MaP 人流分析」は、豊富な位置情報コンテンツと業務APをワンストップで提供するBizXaaS MaPシリーズの新サービス。同サービスを利用すると、人口分布統計、GPSなどの複数の人流プローブデータ、地理空間データを複合的に処理し、建物単位、道路単位での人流を分析、予測できる。これにより、特定エリアの絶対人数推計や性・年代・居住地割合などの属性、今後の人流予測をリアルタイムに把握することができるようになるという。

具体的には飲食業で、街の人出を即座に把握でき、飲食店の仕込み量の調整、閉店間際の割引率の最適化が実現し、廃棄食材の削減を可能にする。同社は新サービスを通じ小売・流通企業での需要予測、不動産のポテンシャル評価、街づくり、都市交通への活用などを支援することで、2025年度までに年間20億円の売り上げを目指す。

「BizXaaS MaP 人流分析」は、2021年1月から提供している「モバイル空間統計 国内人口分布統計(リアルタイム版)」のデータに加え、複数の人流プローブデータ(unerry「Beacon Bank」リアルタイムGPSプローブ、カープローブなど)、各種地理空間データを複合的に処理することにより、分析対象施設周辺の建物単位、かつリアルタイムな、高精度人流分析・予測機能を提供するもの。

モバイル空間統計のリアルタイム版の人口統計をもとに「BizXaaS MaP」の推計技術と、人流プローブデータを利用することで、これまで人流プローブデータだけでは実現できなかった、高精度なピンポイント推計を可能にした。これにより、建物単位、道路や歩道単位の人流が、高精度な絶対人数で把握できる。

「BizXaaS MaP」のビッグデータ処理技術に加え、NTTデータの研究開発、システム技術部門、NTT研究所などの研究成果を活用したAI予測技術・並列分散処理ノウハウを使い、リアルタイムな人流現況把握と、それら人流現況を加味した将来人流予測を実現した。従来の統計データを使った予測では実現できなかった、リアルタイムな人流変化を反映した高精度な需要予測ができるという。

<リアルタイム人流&予測>
20211026n2 728x186 - 人流分析「BizXaaS MaP」/飲食店の仕込み量調整で廃棄食材削減を可能に

また、API連携によって既存システムに追加することが可能。手持ちの店舗・施設実績データも組み合わせた分析機能の提供などには、導入支援サービスを用意し迅速な業務活用をサポートする。

■BizXaaS MaP人流分析
https://madore.glbs.jp/contents/jinryu.html

■製品・サービスに関するお問い合わせ先
NTTデータ
コンサルティング&ソリューション事業本部
デジタルビジネスソリューション事業部
デジタルワークスペース統括部
地図情報ビジネス担当
遠藤 由則、高木 弘和、上田 若之
TEL:050-5546-9940

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方