メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファーストキッチン/顧客マーケティング進化「セルフレジ+顔認証決済」実証実験

2021年12月01日IT・システム

ファーストキッチン、日本コンピュータビジョン、プラネット、バリューデザインは12月1日、セルフオーダーキオスクとAI画像認証による顔決済の実証実験を行うと発表した。

<顔認証決済機能付きセルフレジ>
20211201fk1 728x485 - ファーストキッチン/顧客マーケティング進化「セルフレジ+顔認証決済」実証実験

12月1日~14日、東京都港区の「ウェンディーズ・ファーストキッチン赤坂見附店」で、関係者のみを対象としたクレジットカードによる顔認証決済の実験を開始する。

実証実験では、プラネットが開発したセルフレジと日本コンピュータビジョンの顔認証決済システムを連動した、顔認証決済機能付きセルフレジを活用する。

12月15日~2022年2月28日、「ウェンディーズ・ファーストキッチン赤坂見附店」「ウェンディーズ・ファーストキッチン渋谷センター街店」「ファーストキッチン 自由が丘店」の3店舗で、一般客を対象にクレジットカードとマイファーストカード(ウェンディーズ・ファーストキッチンの電子マネー)を活用した顔認証決済の実験を行う。

<顔認証登録をするとVIPクーポンを適用する>
20211201fk2 728x485 - ファーストキッチン/顧客マーケティング進化「セルフレジ+顔認証決済」実証実験

実証実験では、期間中3店舗で約5000人の顔認証登録を予定している。顔認証登録を行うと通常価格よりもお得なVIPクーポンによる割引が適用されたお得なメニューを注文することが可能になる。期間中は、顔認証をしたくないお客のために通常レジも稼働させる。

今回の実証実験では、あらかじめ顔登録したお客には、セルフレジの前に立った直後、顔登録者専用のVIP価格が適用されたメニューが表示され、決済する際はカメラに顔を向けるだけで購入が完了するという、あたかも「なじみのお客がおもてなしされている」ような体験を提供する。これにより、お客はスマートフォンやカードがなくても、いつでもVIP価格が適用された買い物が、手ぶらで可能になり、新しい体験ができるという。

<実証実験発表会>
20211201fk3 728x485 - ファーストキッチン/顧客マーケティング進化「セルフレジ+顔認証決済」実証実験

ファーストキッチンのアーネスト・M・比嘉代表取締役会長(写真中央)は、「これからはどの会社でもDXが重要となる。私がかつて日本国内で展開したドミノ・ピザでは、チラシによる電話注文が主流だった1990年代にネット注文に挑戦し、いまでは60%以上がネット注文だ。顔認証決済を活用することで、カードやスマホがなくても来店するだけで優待価格が適用され決済もできる。この仕組みもいずれは普及すると見込んでいる」と語る。

ファーストキッチンの紫関修代表取締役社長(写真左から2人目)は、「第1段階の実験では、登録者だけにVIP価格のメニューを提供するだけだが、第2段階では、性別・年齢・過去の注文履歴などを考慮したワントゥーワンマーケティングを取り入れる。何百人もの顧客の顔を覚えているホテルマンのように、各顧客にあったメニュー提案をしたい」と述べた。

プラネットの塩田晃弘代表取締役社長(写真左端)は、「当社の開発したセルフオーダー型キヨスク端末は、クレジットカード、電子マネー、QRコード、ハウスリテールカードに加え現金にも対応する。また、4カ国語にも対応し、外国人も利用できる。今後、お客様のインサイトをしっかりと把握することで、快適で価値のある店舗体験を実現するソリューションをファーストキッチンと共に開発したい」という。

ファーストキッチンの電子マネー搭載ハウスカード「マイファーストカード」を提供するバリューデザインの林秀治常務取締役(写真右端)は、「コード決済大手のPayPayの手数料有料化に伴い、ハウス電子マネーを導入する企業が増えている。キャッシュレス決済が拡大する中で、決済手数料を抑えながら、顧客の利便性を高める施策としてハウス電子マネーが活用されている。決済には、マーケティング的な要素も伴ってくるので、マーケティングの支援も行っていきたい」と語った。

日本コンピュータビジョンのアンドリュー・シュワベッカー代表取締役社長(写真右から2人目)は、「アメリカでは、飛行機の搭乗手続きやオフィスへの入室で顔認証が利用されている。航空会社のアンケート調査では、多くの顧客が顔認証による搭乗手続きを好んでいる。また、オフィスでも顔認証による入館が支持されている。今後、日本でも広く顔認証技術が使われるだろう」とアメリカでの顔認証技術の活用事例を解説した。

<キヨスク端末は多様な決済手段に対応>
20211201fk4 728x485 - ファーストキッチン/顧客マーケティング進化「セルフレジ+顔認証決済」実証実験

ファーストキッチンは現在、53店舗を展開している。現在、2店舗でドライブスルーに対応しているが、来期以降は、ドライブスルーを併設した新規出店も計画している。また、12月1日から、新たな顧客拡大策として、500円、550円、600円の「グッドプライスセット」の販売を全店に拡大した。

紫関社長は、「現在、昼間のお客様は戻りつつあるが、夜のお客様がまだ戻っていない。オフィスワーカーの戻りも鈍い。そこで、あらたな顧客を開拓するため、グッドプライスセットを発売した。来期は、出店を加速する予定で、その際は、グッドプライスセットと共に顔認証システムに登録するとVIPクーポンがあることを訴求し、登録会員を増やしたい。我々のような中堅企業が生き残るには、大手以上に顧客に入り込んだきめ細やかな対応が必要となる。時間がかかる施策だが、顔認証決済システムをいち早く導入することで、他社に先駆けたマーケティング施策に取り組みたい」と将来の展望を語っている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方