流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





オンライン服薬指導「SOKUYAKU」/マリーングループ285店舗で採用

2022年09月07日 10:40 / IT・システム

  • 関連キーワード
  • DX

ジェイフロンティアは9月7日、全国で調剤薬局を285店舗展開するマリーングループホールディングス(以下:マリーングループ)が、同社が提供するオンライン診療・服薬指導・処方薬配送サービス「SOKUYAKU(ソクヤク)」を全店舗に順次導入すると発表した。

<マリーングループ285店舗で「SOKUYAKU」採用>
マリーングループ285店舗で「SOKUYAKU」採用

「SOKUYAKU」は、スマートフォンを活用し、自宅やオフィスに居ながらオンライン診療、服薬指導受診、最短当日中の薬の受け取りを可能にするオンライン診療・服薬指導・処方薬宅配サービス。患者向けには、かかりつけ医・薬局の登録、おくすり手帳の機能、待ち時間なしで処方薬が受け取れる来店予約機能を備える。病院・クリニック・薬局向けに、予約管理機能、問診票管理機能など、オンライン診療、オンライン服薬指導に必要な機能を提供している。

コロナ禍で、非接触・非対面の生活スタイルに変化するなか、調剤薬局の業界でも非接触・非対面が浸透しつつある。

京都市下京区に本社を置くマリーングループは、処方箋をネットで送付し、予約受付を行うなど、患者の利便性を向上させてきた。今回、調剤薬局の利便性のさらなる向上を目指し「SOKUYAKU」の導入に至ったという。

今後、患者は、マリーングループの調剤薬局での服薬指導がすべてオンライン上で完結し、自宅などにいながら薬を受け取ることが可能になる。

■SOKUYAKU
https://sokuyaku.jp/

■マリーングループホールディングス
https://www.marinegroup.jp/

■関連記事
ツルハ/オンライン服薬指導「SOKUYAKU」東京・神奈川など163店導入

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧