小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

清涼飲料/10月の1位アサヒ「十六茶」、3位コカ・コーラ「ピーチティー」

マーチャンダイジング・オンが発表した新商品の売上ランキングによると、10月の清涼飲料では、アサヒ飲料「十六茶」630ml(税別希望小売140円)が1位となった。

2位は、キリン「午後の紅茶ミルクティ」500ml(140円)、3位は、日本コカ・コーラ「紅茶花伝 クラフティー(CRAFTEA)贅沢しぼりピーチティー」410ml(140円)となった。

<清涼飲料の新商品ランキング>
清涼飲料の新商品ランキング

1位のアサヒ飲料「十六茶」は、5月22日にリニューアルした商品で、9月に2位となていた。

2位のキリン「午後の紅茶ミルクティー」は、6月12日にリニューアルした商品で、9月は1位だった。

3位のコカ・コーラ「紅茶花伝 クラフティー(CRAFTEA)贅沢しぼりピーチティー」は10月15日に発売した新商品。

コカ・コーラシステムによると、「紅茶花伝 クラフティー」シリーズは、「紅茶に果汁をたっぷり注ぐ」という、新しいコンセプトで開発された紅茶飲料。

2018年3月から発売中の「紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりオレンジティー」は、発売6カ月で5000万本を出荷した人気製品となっている。

好評を受け、フレーバーを追加するもので、通常の2倍量の茶葉を使った香り高い紅茶に、みずみずしいピーチの100%果汁とはちみつを加えた、フルーティーな味覚と自然ですっきりとした甘みを楽しめるという。

5週間以内に発売した商品では、3位のコカ・コーラ「紅茶花伝 クラフティー(CRAFTEA)贅沢しぼりピーチティー」を含め、5商品がランクインした。

11位のコカ・コーラ「リアルゴールド スーパーリフレッシュ フルーツパンチ」490ml(140円)は、8月28日に発売した秋季限定の新商品。

リアルゴールドに、秋のフルーツフレーバーをミックスした新しい味わいに仕上げた。

12位のサントリー「アロエヨーグリーナ&サントリー天然水」550ml(131円)は、10月9日に発売した新商品。

3月に発売した「奥大山ブルーベリーヨーグリーナ&サントリー天然水」に続き、今回、沖縄県の指定農園産アロエエキスを加えた「アロエヨーグリーナ&サントリー天然水」を発売することで、「ヨーグリーナ」ブランドと、フレーバーウォーター市場の更なる活性化を狙う。

16位のコカ・コーラ「い・ろ・は・す スパークリングいちご」515mlは、10月に発売した新商品。

厳選された日本の天然水を使用した、やさしい刺激が特徴のスパークリングに、ほんのり甘い福岡県産のいちごエキスとヨーグルトの風味を加えた。

17位のアサヒ飲料「カルピスソーダ冬の濃いめ」500ml(140円)は、10月23日から発売した季節限定商品で2019年1月末までの販売を予定している。

通常の「カルピスソーダ」の2倍の乳成分を含み、きめ細かい泡によるまろやかな口あたりと、コクのある味わいを楽しめる乳性炭酸飲料。

昨年は7月に期間限定で「カルピスソーダ 濃いめ」を発売し、好評だった。今回は、冬にぴったりなよりコクのある、まろやかな味わいに仕上げたという。

新商品ランキングは、マーチャンダイジング・オンが提供するRDS-POSを活用した作成した。

RDSとは、食品・日用品を中心に取り扱い、POSシステムを導入している全国の小売業(総合スーパー、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア等)からPOSデータを収集、整備、データベース化したもの。

新商品の定義は、過去半年(26週)以内に発売された商品。これまでに実績のないJANコードで過去半年以内に初めて売上実績が上がった商品を新商品と定義した。

ただし、パッケージ変更やリニューアルなどでJANコードが変更されることがあるため、見覚えのある新発売ではない定番商品も新商品ランキングに含まれる。

売上は、最新の4週間の全国での100店舗当たり販売金額を基準とした。最新の5週間以内に発売された商品には☆印を付け、最もホットで売れている商品を紹介している。

■RDSについて
http://www.mdingon.com/MdonWeb/service/newrds.html

注:マーチャンダイジング・オン社提供のRDS-POSデータ分析については、記事、写真、図表などを複写、転載などの方法で利用することはできません。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧