小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ベックスコーヒー/ブレンドコーヒー用豆をリニューアル

ジェイアール東日本フードビジネスは11月20日、基幹ブランドであるベックスコーヒーショップにおいて、コーヒー豆とそのブレンドを見直し、新ブレンドコーヒーの販売を開始した。

あわせてドリップバッグの内容変更も行った。

ブレンドコーヒーはS税込230円、M280円、L330円で販売し、いずれも価格は据え置いた。

それぞれの豆の良質な風味や特長を引き出すよう焙煎しアフターミックス。飲み口のやさしさと、甘みのあるボディ、クリーンな後味が特長という。

<新旧コーヒーの対比>
新旧コーヒーの対比

ベックスコーヒーショップでは、コーヒーの新豆が流通する時期にあわせて、毎年ブレンドコーヒーに使用するコーヒー豆のリニューアルを行い、より良いコーヒーの提供を目指す一環。

今回のコーヒーの特長は、「ナッツのような香り、ほのかな苦味と心地よい甘み」で、1年に一度、お客が求める味わいを見直し、エキナカのカフェとしてふさわしいコーヒーの味わいを探求している。

ブラジル・コロンビア・グアテマラ・タンザニアの中南米・アフリカの4カ国5つの農園のコーヒー豆を指定し調達した。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧