小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

松屋銀座、阪急メンズ東京/カード会員に相互の優待付与、潜在顧客活性化

松屋銀座と阪急メンズ東京は6月1日、カード会員顧客に、相互の優待を付与する相互顧客誘致施策を開始した。

<相互顧客誘致施策を実施>
相互顧客誘致施策を実施

幅広い世代に向けたファッションからリビング用品、食品までフルカテゴリーを揃える松屋銀座と、世界を舞台に活躍する男性をターゲットにした、「ジェットセッタースタイルストア」である阪急メンズ東京。

タイプの異なる百貨店同士が手を組み、互いの強みとする商品やサービスを提供し、優待価格やポイント付与をすることで顧客満足度を高め、潜在する両館利用者を互いに顧客化することで売り上げ増を図る。

松屋銀座のカード会員は約40万名、阪急メンズ東京のカード会員は約30万名。

松屋カード、ポイントカード会員は、阪急メンズ東京での優待内容として、通常購入金額の3%のところ、6%ポイント付与(松屋のカードを呈示の上、「阪急メンズ東京マイレージカード」(ポイントカード)に入会が必須)。

ペルソナカード各種の会員は、松屋での優待内容として対象商品5%オフが受けられる。

また、6月1日~7日、同キャンペーンを利用すると、両店にてそれぞれのターゲットに合わせたお得なサービスを提供する。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧