小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

塚田農場/クイーンズ伊勢丹と連携、アトレ品川にグローサラントを出店

居酒屋「塚田農場」を展開するエー・ピーカンパニーの子会社で弁当事業を担う塚田農場プラスは3月23日、JR品川駅直結の商業施設「アトレ品川」3階の「FOOD&TIME ISETAN」のフードコートに、グローサラントを意識した新業態4店を同時オープンした。

<塚田農場の4業態の全景>
塚田農場の4業態の全景

肉バル&総菜専門の「T.N. MEAT WORKS」、チキン南蛮とハイボールの専門店「CHICKEN NAN-BAR」、カスタムサラダ専門の「Veggie」、寿司専門の「よいのいき」の4業態を同時オープンしたもの。

三越伊勢丹フードサービスが展開する食品スーパーマーケット「クイーンズ伊勢丹」が直営で行っていたデリカ部門を一新し、外食の専門企業と協力することで、デリカ部門を一新する。

グローサラントとは、店内で販売している食材などを使用し、でき立ての料理をレストラン並みのクオリティーで提供する業態で、新規4業態でも、食材の一部にクイーンズ伊勢丹で販売している素材を使用した。

クイーンズ伊勢丹が販売する食材などを使用し、お客のオーダーを受けて調理を始めることで、調理の臨場感を味わいつつ、でき立て料理が楽しめる外食産業発信のグローサラント業態を提案する。

リアル店舗を持つ「強み」を活かし、クイーンズ伊勢丹がそろえた食材を購入前にフードコートで、食べ、味を知った上で購入ができることから、インターネット通販では体験できない「食体験」を提供する。

<森尾社長>
森尾社長

塚田農場プラスの森尾社長は、「日本で欧米と同じようなグローサラントが根付くかは分からないが、日本流のグローサラントが出てくると思い新業態にチャレンジした。今回は、塚田農場やクイーンズ伊勢丹で販売する加工食品のほか、エー・ピーカンパニーが独自に開拓した産地直送の生鮮食品も使用したメニューを提供する。クイーンズ伊勢丹とのシナジーによって、新しいお客を開拓したい」と新業態開発の経緯を語る。

これまで、「SHUSHI&ROLLS UOSEI」「FARMER’S GREEN」「DELI CHEF’s SELEQ」があった跡地への出店のため、新規業態でも、寿司、カスタムサラダ、肉バルをそろえた。居酒屋「塚田農場」の特色を打ち出すため、チキン南蛮とハイボールの専門店もそろえた。

オープン時は、社員8人、パート・アルバイト約20人の人員で運営。4つの業態のキッチンや人員を共通化することで、ロースコストでの運営を目指す。

<フードコートの客席数は約130席>
フードコートの客席数は約130席

フードコートには、ベーカリー「BOULANGERIE ASANOYA/Gri&Pain」、クラフトビール専門店「Antenna America」、メキシコ料理「Guzman y Gomez」が出店しており、約130席のイートインを共用で使用する。

クイーンズ伊勢丹でも、グローサラント業態を直営で運営することを検討していたが、お客の注文に応じてメニューを提供する外食のオペレーションと作り置きの総菜を販売する食品スーパーマーケットのオペレーションの違いがあり、外食企業との連携を模索していた。

森尾社長は、「日本では、食物販の企業がグローサラントに挑戦するケースが多いが、当社は外食出身のプレイヤーだ。専門のシェフがメニュー開発をしており、どの食材、調味料を組み合わせたら、どんなメニューができるのかをレシピを自前で提案できる。将来的には、単に総菜や食材を販売するだけでなく、家で再現できるレシピも提案したい」と語る。

<CHICKEN NAN-BAR>
CHICKEN NAN-BAR

CHICKEN NAN-BARは、品川駅周辺のオフィスワーカーをターゲットとした業態で、仕事帰りのちょい飲みに対応する。

おつまみチキン南蛮(2個・税込300円)、チキン南蛮S(4個・500円)、同L(6個・700円)を販売。生ビール620円、角ハイボール500円、ハイボール(ジムビーム)500円、メガハイ(角/事務ビール)各750円で提供する。

<CHICKEN NAN-BARの注文カウンター>
CHICKEN NAN-BARの注文カウンター

柔らかい若鶏に甘酸っぱいタルタルソースをかけたチキン南蛮を提供する。森尾社長は、「チキン南蛮は塚田農場の看板メニューであり、馴染みのある人も多い。フードコートをきっかけに塚田農場に来店してもらうきっけにしたい」という。

<カスタムサラダのveggie>
カスタムサラダのveggie

カスタムサラダを提供する「veggie」では、クイーンズ伊勢丹の青果部門で販売するケールやパクチーなどオーガニック野菜を使用したサラダを販売する。

<フルカスタムサラダの注文方法>
フルカスタムサラダの注文方法

フルカスタムサラダは、ベースを580円で購入し、追加トッピング100円~300円を組み合わせて、自分だけのサラダを完成させる。

<veggieの注文カウンター>
veggieの注文カウンター

ドレッシングは、オレンジマスタード、バジルビネガー、オリエンタル、クラッシックシーザー、ハニーマスタード、コブの6種類から選択できる。

<8種類のオリジナルサラダも用意>
8種類のオリジナルサラダも用意

時間のないオフィスワーカーや駅利用者のニーズに対応するため、ローストビーフ1000円、スモークサーモンのマリネ1000円、農家のベーコンシーザー・温玉あり1000円、メキシカン・コブ900円、キヌアとケール900円、えびとパクチー900円、ハーブチキンとグレイン900円、白菜とリンゴ900円を提供する。

<veggieの物販コーナー>
veggieの物販コーナー

物販では、クイーンズ伊勢丹オリジナルのフレンチドレッシング429円、国内産モチモチもち麦380円や、ラディッシュのピクルス900円、国内産手作りアンチョビ800円を販売する。

次>> 将来的には、塚田農場で使用する生鮮食品をクイーンズでも販売

次へ> 1 2

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧