メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

2020年06月04日店舗レポート

イケア・ジャパンは6月8日、都市部の暮らしのニーズを反映した初の店舗「IKEA原宿」を複合施設「ウィズ原宿」オープンする。

<IKEA原宿>
20200604i1 544x362 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

4つの都市部のニーズに対応し、都市部の限られたスペースでも心地よく暮らせるインテリアを提案。同社でも世界初の「スウェーデンコンビニ」、世界でも同店でのみ楽しめるフードメニューなどそろえ、都市部での毎日の忙しい暮らしの中、便利なロケーションで気軽に買物を楽しめる。

また、混雑緩和のため、店頭のチケットシステムにて入場整理券を発行。店内の状況により、入場制限を行う場合がある。

<店頭のチケットシステムにて入場整理券を発行>
20200604i8 544x362 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

コワーカーのマスクの着用、必要に応じてフェイスシールドを着用して接客。レジなどの顧客と対面する設備にビニールカーテンを設置、顧客と一定の間隔を取るか、またはビニールカーテンのある場所に移動しての接客を実施する。

顧客に対しても、開店前の行列・長時間の滞在の自粛、小人数での来店、マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保の協力を求めている。

一人暮らしの部屋、低価格で実現する部屋など提案

<「眠る」「整える」「くつろぐ」「料理する」を反映>
20200604i2 544x362 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

都市部の暮らしのニーズを反映したレイアウトの売り場づくり目指し、「眠る」、「整える」、「くつろぐ」、「料理する」の4つの都市部での暮らしのニーズをわかりやすく反映した。

<料理に必要なものを集約>
20200604i7 544x362 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

家具は約1000点が展示され、実際に見て触れることができる。商品数は約9500点を店舗にて後日配送で購入、約900点は当日持ち帰りが可能となっている。

<限られたスペースを有効活用>
20200604i3 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

ルームセットは、都市の限られたスペースが課題であることを踏まえ、レイアウトやサイズを合わせ、スペースの有効活用を提案している。

<一人暮らし向けの部屋>
20200604i15 544x362 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

一人暮らし向けの部屋、低価格で実現する部屋など、都市部の暮らしを反映した部屋が充実している。

<3万円以下でそろうルームセット>
202000604i13 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

同社でも世界初の「スウェーデンコンビニ」登場

都市部での毎日の忙しい暮らしの中、より便利な買物をサポートするため、1階には「スウェーデンコンビニ」を用意した。

<スウェーデンコンビニ>
20200604i4 544x362 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

エコバッグや植物由来の素材でできたフリーザーバッグISTAD/イースタード、プラントラーメンなど、お手ごろでサステナブルな商品がスピーディーに購入できる。

<お手ごろでサステナブルな商品を用意>
20200604i6 544x362 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

コンビニ内のコーヒースタンドでは、コーヒー、シナモンロール、プラントベースのソフトアイス、サンデーなどをテイクアウトできる。

<プラントベースのソフトアイス、サンデーなどもそろう>
20200604i5 544x362 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

2階カフェ「世界でも原宿店のみの限定メニュー」も

2階の「スウェーデンカフェ」で販売する「ツンブロード」は、スウェーデン伝統のフラッドブレッドに具材をのせた新しいメニュー。クレープ、食べ歩きカルチャーの発信地としての原宿と、スウェーデンの文化の融合を図って作られた。

<右:ツンブロード>
20200604i10 544x362 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

世界のイケアでもIKEA原宿のみでの販売となる。

<当面40席に減席>
20200604i12 544x362 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

飲食エリアにおいて、新型コロナウイルス感染防止のため、余裕を持ったテーブルなどのレイアウトを行い、152席予定の配置を当面40席に減席した。

サステナブルな配送も実現

イケアでは2030年までに、イケアのすべてのバリューチェーンからの温室効果ガスの絶対排出量を、2016年と比較して少なくとも15%削減することを目標としている。

その目標への一歩として、3月より、ゼロエミッションで地球環境に配慮したEVトラック「eCanter」(三菱ふそうトラック・バス)を2台導入した。

1台はイケア・ジャパン所有で、IKEA港北とIKEA原宿とのストア間の商品納品業務を行う。

もう1台は、配送協力会社であるSGムービングによる保有で、顧客の自宅向けの商品配送用に利用される予定だ。

日本のイケアすべてに「無料給水スポット」

IKEA原宿を含む、日本のイケアすべてが、無料で給水場所が探せるアプリ「mymizu」(マイミズ)に、無料給水スポットとして登録された。IKEA原宿では、1階のコンビニのコーヒースタンドそばに給水スポットがあり、マイボトルを持参して利用できる。

<無料給水スポット>
20200604i11 - イケア/原宿に「都心型店舗」世界初スウェーデンコンビニも登場

■IKEA原宿
所在地:東京都渋谷区神宮前1-14-30 WITH HARAJUKU内
交通:JR原宿駅徒歩1分、東京メトロ千代田線「明治神宮前〈原宿〉駅」徒歩1分
営業時間:全日10時~21時(当面の間、11時~20時に時間短縮営業)
※ただしWITH HARAJUKUの営業日に準じ、年1回の全館閉館日は休業
総面積:約2500m2
従業員数:80人
商品数:約9500点を店舗にて後日配送で購入が可能。
約900点は当日持ち帰りが可能。家具は約1000点が展示されている。
カフェ席数:152席※オープン時には安全対策・混雑対策のため座席を間引き、40席
http://www.IKEA.jp/harajuku

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年06月14日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方