小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンモール高崎/増床「北関東No.1店舗数約210店」ファミリー強化

イオンモールは6月26日、群馬県高崎市の「イオンモール高崎」を増床リニューアルグランドオープンした。

<イオンモール高崎>
イオンモール高崎

リニューアルでは、平面駐車場として利用していた建物東側に増床棟を新設、既存棟においても大規模なリニューアルを実施した。総店舗数の約50%を一新した。

敷地面積約2万1000m2に延床面積約3万5000m2、総賃貸面積約1万7000m2の増床棟を新設。新たに約40店が出店し、総店舗数は約210店となった。

関東初出店3、群馬県内初出店23店を含む45店が新規出店し、既存店も移転28店、改装33店となり、合計105店を一新した。茨城・栃木・群馬の北関東エリアのイオンモールとして、店舗数ではN0.1の規模となり、北関東エリアNo.1モールを目指す。

<増床棟>
増床棟

頼岡成司ゼネラルマネージャーは、「これまでは、車で35分圏・44万世帯・人口105万人を想定商圏としていた。増床により、車で40分圏・53万世帯・人口120万人を想定商圏としている。増床前の2018年度の年間来店客数は820万人で、増床により10%増の900万人の来店客数を目指したい」と語る。

増床棟1階は、お客の声を取り入れ、大型ファストファッションからコスメまで、国内外の人気ブランドを集積したファッションゾーンを強化した。新たに群馬県内初出店となるスウェーデン発のファッションH&Mを約2400m2で誘致した。既存棟のスペイン発のZARA、アメリカ発のGAPとともにグローバルファッションゾーンを形成する。既存棟2階のユニクロやレディスカジュアルを中心としたアパレル専門店とともに、ファミリー層にニーズ対応した手ごろな価格帯のファッションを提案する。

若者に人気の国内カジュアルブランド「WEGO(ウィゴー)」が出店。機能性とデザイン性を兼ね備えた豊富なラインアップが人気のロサンゼルス発祥のスニーカーブランド「スケッチャーズ」が県内初出店となった。

<増床区画の店内からの全景>
増床区画の店内からの全景

増床棟には、日常のなかに馴染むカジュアルをベースに、今の気分にあったトレンドのスタイリングを提案するレディスブランド「archives(アルシーヴ)」が出店。また、こだわりのものづくりや遊び心のあるアイデアをコンセプトに、ファミリーのライフスタイルを提案する「THE SHOP TK」がオープンした。

コスメ&ビューティでは、増床棟に、上質な商品を提供し、エステサービスを行うサロン型ショップ「POLA THE BEAUTY」を導入。既存棟には、日本最大級のコスメ総合サイトを運営する「@cosme store」の直営店が県内初出店した。イギリス発の新鮮さと自然素材を活用した色彩豊かな製品を取り扱う「LUSH」が豊富な品揃えで、移転拡大オープンした。

<1階ではファストファッションを強化>
1階ではファストファッションを強化

増床棟2階は、ライフスタイル&ホビーのフロアと位置づけた。着心地の良いウエアから素材にこだわった食品、ステーショナリー、インテリアなど、くらしまわりの約7000品目を展開する「無印良品」と専門書から児童書まで、幅広い品ぞろえで定評のある「未来屋書店」が隣接し、2店舗合計約4200m2の広さで展開する。共通の内装を施したモダンな空間で、家族でゆったりと買い物をできる環境を整えた。

また、体のラインを計測して、その場でフィットするまくらをご提案するオーダーメイドまくら専門店「B-DESIGN HOME」が県内初出店した。そのほか、生体からペット用品まで豊富な品ぞろえが特徴の「PETEMO」が移転オープンした。

<未来屋書店と無印良品>
未来屋書店と無印良品

増床棟3階は、ヘルス&デジタルのフロア。約2800m2の広さに野球やサッカーなどの競技用品から、アウトドア用品まで県内最大級の品ぞろえをするスポーツ専門店「スポーツオーソリティ」が出店した。スニーカーを中心にスポーツライフスタイルを提案するセレクトショップ「CORNERS」が県内初出店となった。

<スポーツオーソリティ>
スポーツオーソリティ

これまでモールに欠落していた機能を補完するため、大型家電やデジタル製品、スマートフォンなど手頃な価格で提供する「コジマ×ビックカメラ」を誘致した。

<コジマ×ビックカメラ>
コジマ×ビックカメラ

ライフスタイル雑貨を強化するため、増床棟には、世界有数の調理器具・家電メーカー「T-fal Store」が県内初出店した。毎日をおしゃれにする300円均一の雑貨を提案する「3COINS+plus」を導入した。

既存棟2階には、お客の要望に対応し地域最大級の品ぞろえで展開する100円均一の「DAISO」が出店。既存棟3階には、原宿発祥の人気プチプラ雑貨専門店「AWESOME STORE」がオープンした。

<既存棟のライフスタイル雑貨>
既存棟のライフスタイル雑貨

1階レストラン街は増床棟まで面積を拡大し、ハワイアンレストランや焼き肉、ビュッフェなど新たに6店を導入し、和洋中バラエティ豊かな19店で構成する。A5クラスの松阪牛をはじめ、良質な肉を40年以上にわたり提供し続ける老舗焼き肉専門店「焼き肉ダイニングやまと」が県内初出店となった。

地元の人気カフェショップが、ハワイアンパンケーキやロコモコなどを新たに提供する新業態「Kauai Diner」を出店した。特許製法の「柿渋入りなま麺」で絶妙な食感を提供する、全国で人気のラーメン・つけ麺専門店「越後秘蔵麺 無尽蔵」が出店。ファミリーに大人気の串揚げ専門店「串家物語」や和洋中の総合ビュッフェレストラン「PRECIOUS BUFFET」が新たにオープンした。

<1階レストラン街>
1階レストラン街

3階フードコート「Food Forest」は、自然と屋外をイメージした明るい雰囲気の中、子ども専用の飲食スペースを設けたファミリーゾーンと木目調のシックな内装が特徴の落ち着きある大人ゾーン、2つの空間を用意した。16店の飲食専門店と約1000席に客席数を増やし、にぎわいとくつろぎを創出する。

<3階フードフォレストのファミリーゾーン>
3階フードフォレストのファミリーゾーン

肉料理では、柔らかで旨味たっぷりのA4・A5黒毛和牛や厳選された牛肉を使用したローストビーフ丼専門店「ローストビーフ丼やまと」が関東初出店。大阪名物の「肉吸い」やその場で焼くカルビ丼などお手頃な価格で提供する「肉丸商店」、大人気の唐揚げをボリューム満点でお届けする「鳥さく」が県内初出店となった。

麺類では、自社製粉の「挽きたて、打ちたて、茹でたて」を特徴とする信州そば専門店「信州蕎麦 小木曽製粉所」が県内初出店。10種類の野菜と黒豚で本場「点心師」による手作り餃子を看板に、幅広い年代層に人気の「東京餃子軒」が出店した。

<フードフォレスト「大人のゾーン」の客席>
フードフォレスト「大人のゾーン」の客席

食物販では、既存棟に、ベルギーの老舗チョコレートブランド「GODIVA」が出店。今秋には、スイーツから生鮮食品まで幅広い品ぞろえで、お客の要望に対応する「食物販ゾーン」を新たにオープンする。

三世代ファミリーや子育て世代を応援するため、お客から要望の多かった専門店を新たに導入した。施設面では、子どもの遊び場を増設することで、小さな子どもも楽しめる空間を提供する。

<フードフォレスト「大人のゾーン」の客席>
フードフォレスト「大人のゾーン」の客席

キッズ・ベビーゾーンに設置している「こどものあそびば」に加えて、新たに木育をテーマに、木のぬくもりあふれる子どもの遊び場「モクイクひろば」を新設することで、キッズスペースの混雑を緩和する。

<イオンスタイル高崎>
イオンスタイル高崎

核店舗のイオンスタイル高崎は、リニューアルで家族みんなの「紡ぐ」がココにあるをコンセプトに、お客のニーズや地域の品ぞろえにこだわり、お客・地域・店を一つに紡ぐ商品やサービスを提供する店舗を目指した。

手作り・ライブ感・でき立てをその場で楽しむ「ここdeデリ」を導入。地元野菜、地元銘店など「じもの」を集めたコーナーを新展開した。

頼岡ゼネラルマネージャーは、「メインターゲットは、これまでと同様に30代~40代のファミリー層だ。サブターゲットがシニア層なのも変化はない。イオンモール高崎は、ランドセルの売上が全国で最高水準で、子育て世代の来店が多い。キッズスペースを増設し、フードコートにもこあがり席を設けるなど、サービス機能面も強化した。時間滞在型のサービスを提供し、来店頻度を高めることで商圏内のシェアアップを図りたい」と語った。

■イオンモール高崎
所在地:群馬県高崎市棟高町1400
TEL:027-310-9000
敷地面積:約14万2000m2(約2万1000m2)
延床面積:約13万4000m2(増床棟約3万5000m2)
総賃貸面積:約7万6000m2(増床棟約1万7000m2)
専門店数:約210店(増床棟約40店)
駐車台数:約4000台(約300台増)
営業時間:専門店10時~21時
イオンスタイル高崎1階8時~23時
2階・3階(食品以外)9時~22時
レストラン11時~22時
シネマ9時~23時
(※店舗により一部営業時間が異なる)
休業日:年中無休
従業員数:約2600人(内イオンスタイル高崎約450人)
https://takasaki-aeonmall.com/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧