メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」

2021年10月01日店舗レポート

青山商事は10月1日、スーツ専門店「ザ・スーツカンパニー」で、4つのブランドを集めたOMO(オンラインとオフラインの融合)型店舗「TSC SQUARE(ティーエスシースクエア)」を開発し、1号店の「THE SUIT COMPANY 新宿本店」(東京都新宿区)をオープンした。

<THE SUIT COMPANY 新宿本店>
1001aoyama1 - 青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」
青山商事では、「OMO」を店舗とECサイトで販売するサイズ、カラーを含めた全商品を、デジタルを活用し提供することで、在庫切れで顧客が購入を見送るなどの販売機会の損失を防ぐ施策と定義。ティーエスシースクエアは、その取り組みを実践する店舗となる。

<デジラボ試着室>
1001aoyama2 - 青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」
カギとなるのが、店内4カ所に設置された大型タッチパネルモニターを使ったシステム「デジラボ試着室」。スーツカンパニーのECサイトと全店舗の商品在庫と連動しており、顧客はパネルを操作して商品を買うことができる。

<店舗にない商品もECや他店の在庫から購入が可能>
1001aoyama3 - 青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」
システムでは、店舗にない商品の購入が可能。例えば、店頭の商品で自分にあったサイズはあるが、欲しいカラーがない場合にはECサイトや他店の在庫から、希望の品をその場で手に入れることができる。顧客が欲しい商品を常に提供することで購入につなげる。

<商品の詳細やカラーバリエーションの確認もできる>
1001aoyama4 - 青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」
購入した商品は、店舗ではなく、青山商事の物流センターから配送。直しが必要な商品は一週間以内、直しが不要の商品は2~3日で購入者の手元に届く。

青山商事では、デジラボ試着室を通じて、売り上げが2015年度比で3~5倍に伸びているというECの販売拡大も見込む。システムを使って店頭でECの商品を選んでもらうことでネット通販に対する顧客の抵抗感を払拭(ふっしょく)し、ECの利用を促進する。

扱うブランドは「ザ・スーツカンパニー」(メンズ・レディース)「ホワイト・ザ・スーツカンパニー」(レディース)「ユニバーサルランゲージ」(メンズ)「ユニバーサルランゲージ・メジャーズ」(メンズ・レディース)の4つを一店舗に集めて提供する戦略を実施した。

<ザ・スーツカンパニー(メンズ)>
1001aoyama5 - 青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」
「ザ・スーツカンパニー」は、トータルビジネスウェアブランドで、メンズは「スーツ」(税別1万9000円~4万6000円)、レディスは、「ジャケット」(1万3000円~2万3000円)、「パンツ」(6800円~)、「スカート」(6800円~)などを販売する。

<ホワイト・ザ・スーツカンパニー>
1001aoyama6 - 青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」
「ホワイト・ザ・スーツカンパニー」では、オフィスウェアのレディススーツブランドとして「ジャケット」(1万3000円~)、「パンツ」(6800円~)などをそろえる。

<ユニバーサルランゲージ>
1001aoyama7 - 青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」
「ユニバーサルランゲージ」は、大人のためのデザインや素材、縫製にこだわったスーツブランド。「スーツ」(3万8000円~)などを展開する。

<ユニバーサルランゲージ・メジャーズ>
1001aoyama8 - 青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」
一方、「ユニバーサルランゲージ・メジャーズ」は、オーダースーツ専門になる。メンズ、レディースともに税別3万9000円からパターンオーダーで商品を用意。青山商事では店頭で採寸が必要という商品特性を生かし、店舗集客の目玉にする。

<袖やウエストなどを合わせるパターンオーダーで提供>
1001aoyama9 - 青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」
背景にあるのはオーダースーツ販売の増加。青山商事によると、オーダースーツは、スーツの質を求める若い人の需要が伸びているといい、オーダースーツのサービスを充実させることで、ニーズの取り込みと来店への動機付けを狙う。

また、ブランドの集約は、品ぞろえの強化と幅広い顧客層の獲得を目的に行った。品ぞろえは「ザ・スーツカンパニー」「ホワイト・ザ・スーツカンパニー」「ユニバーサルランゲージ」で、ECと連動したことで商品の種類と数を拡充した。

顧客獲得では、複数ブランドを用意することで、年代を横断しての利用も見込む。例えば、ザ・スーツカンパニーが20~30代、ユニバーサルランゲージは30~40代が中心ユーザーとなっており、ザ・スーツカンパニーを卒業した人がユニバーサルランゲージの顧客になってもらうことを想定している。

<河野克彦・青山商事 執行役員TSC事業本部長>
1001aoyama10 - 青山商事/新宿に在庫切れの機会損失防ぐスーツカンパニー「OMO型店舗」
青山商事の河野克彦執行役員TSC事業本部長は、9月30日行われた記者発表会で新店舗について「EC、オーダースーツが伸びており、店の在り方を改めて見直す時期に来ていた。そこで、従来のスーツ販売を維持するための事業モデルの変革として出店した」と説明した。

ティーエスシースクエアでは、店舗運営のコスト削減も実現。新店舗は、ECとの連動したことで、店頭に展示する商品を始めとした店舗の在庫数を4分の1ほどに縮小した。在庫が減ったことで売り場面積も従来の大型店に比べ約半分となり、家賃の抑制にもつながった。

青山商事では今後、都内を中心にティーエスシースクエアの店舗を展開していく考え。出店数は非公開だが「新宿の店舗を皮切りに、できる限り多く出店していきたい」(河野克彦執行役員TSC事業本部長)としている。

■THE SUIT COMPANY 新宿本店
所在地:東京都新宿区新宿3-17-5 T&TIIIビル地下2階
TEL:03-3226-3319
営業時間:11時~21時
売場面積:約462.8m2
https://www.uktsc.com/the_suit_company/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方