流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ファミリーマート/「ファミマフードドライブ」掲示物をリニューアル

2021年10月04日 10:00 / 経営

ファミリーマートは10月4日、「ファミマフードドライブ」の掲示物をリニューアルすると発表した。

「食の安全・安心、地球にもやさしい」の一環として、4月から全国展開している「ファミマフードドライブ」のロゴマークと、ロゴマークを使用したポスターや回収BOXに設置する掲示物を、世界的に活躍するファッションデザイナーの落合宏理氏が新たにデザインしたものにリニューアルする。

<新しいロゴ>
新しいロゴ

ファミマフードドライブとは、家庭で余っている食品をファミリーマート店舗に持ち寄り、地域の自治体やNPOなどの協力パートナーを通じて、支援が必要な人に提供する取り組み。2021年10月5日以降、順次、全国でファミマフードドライブを実施する約600店の店舗に導入している。今回、新たに導入する掲示物のプラスチック部分の原材料は、70%以上がペットボトルをリサイクルしたものを使用した。

また、掲示物の導入にあわせて、店舗に設置する回収BOXも、海洋プラスチックごみを原材料の一部に使用したBOXに変更する。新しい掲示物を通じて、海洋プラスチックごみを原材料の一部として使用した回収BOXであることを告知することで、海洋プラスチックごみ問題の啓発活動にも取り組んでいる。

落合宏理氏は、ファミリーマートのオリジナル衣料ブランド「コンビニエンスウェア」を共同開発している。その縁が、ファミマフードドライブのデザイン作成につながった。今回のデザインのコンセプトは「ファミマを通した、人々の優しさの循環。」。SDGsの17の目標を想起させるカラフルな色遣いや、渦や線をモチーフとしたデザインには、地域の優しさや思いやりが、ファミリーマートを通じて循環し、地域で困っている人々の支援につながる、そして、また、地域の新しい優しさや思いやりにつながっていく、そんな思いを込めた。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧