流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ロイヤルHD/吉祥寺に手作り感ある中食向けバターミルクフライドチキン専門店

2021年10月12日 17:30 / 店舗レポート

ロイヤルグループで外食事業を担うロイヤルフードサービスは10月13日、バターミルクフライドチキン専門店「Lucky Rocky Chicken(ラッキーロッキーチキン) 吉祥寺」(東京都武蔵野市)をオープンする。5月に武蔵小山商店街パルム内(東京都品川区)に1号店を出店しており、吉祥寺店は2店舗目となる。10月12日マスコミ向け内覧会を開催した。

<Lucky Rocky Chicken 吉祥寺>

「バターミルクフライドチキン」は、バター製造時に牛乳を分離しバターとなる脂肪分を取った後に残った「バターミルク」と呼ばれるミルク液を鳥肉に漬けて使って作るフライドチキン。米国では一般的なファストフードとして親しまれている。

<バターミルクフライドチキン オリジナル>

ラッキーロッキーチキンでは、国産の鶏むね肉を使用し、バターミルク液にヨーグルトやスパイスを入れて一晩漬け込み、独自開発した12種類のオリジナルブレンドスパイスとハーブを使用した衣で揚げた「バターミルクフライドチキン オリジナル」(1ピース:税込300円、セット600円)を販売する。

<ラッキーロッキーチキンの鶏肉を漬け込むバターミルク液>

ヨーグルトの乳酸菌が鶏肉のたんぱく質を分解して、うまみ成分のアミノ酸を作り出すとともに肉を柔らかくするため、うまみがあり食べやすく、しっとりとした仕上がりの食感が楽しめる。ロイヤルフードでは、こうした調理でひと手間加えるなどの「手作り感」をうたい文句に、他社との差別化を図る。

<オリジナルチキンハンバーガー>

そのほかのメニューは、ハンバーガーを中心に提供。「オリジナルチキンハンバーガー」(単品:500円)や「チーズ(コルビージャック)」(単品:650円)などを販売する。

<カレーマヨサラダ&チーズ>

今回、ハンバーガーでは「カレーマヨサラダ&チーズ」(単品:680円)、「カレーマヨサラダ」(単品:530円)、「テリマヨ」(単品:450円)、「BBQ」(単品:450円)、「麻辣チリペッパー」(単品:620円)を新たなメニューで追加した。

<石川敦・ロイヤルフードサービス Lucky Rocky Chicken展開準備室室長>

石川敦・ロイヤルフードサービス Lucky Rocky Chicken展開準備室室長は「新型コロナによって外食がダメージを受け、ロイヤルグループではファミリーレストランなど、外食にかたよった事業が打撃を受けた。一方で、持ち帰りを含めた中食は好調で、当社も中食によった事業が必要と考え、新たな店に挑戦することにした」と、出店の理由を述べた。

ラッキーロッキーチキンは、25~45歳の女性を中心にファミリーや夫婦などの「当社の商品に通じる素材の手作り感や食にこだわりのある人」(石川室長)を顧客ターゲットにする。利用シーンは、夕食時のおかずや主婦の集まりでの食事、テレワークの昼食などを見込む。

<店舗面積が約14坪(46.16m2)という吉祥寺店の内観>

店舗は「シンプル」をコンセプトに、小さな店で少人数の店員によって運営する。吉祥寺店は、テークアウトとデリバリーを中心として、店舗面積が約46.16m2、店員は2~3人の運営体制にした。

さらに、吉祥寺店では、「セルフレジ」と「オートフライヤー」も新たに導入。セルフレジで、商品提供の待ち時間を短縮し、オートフライヤーでは揚げ時間を短縮することで商品の提供スピードを向上させ顧客満足の向上を図る。

<2台のセルフレジ>

セルフレジは、タッチパネル式タイプを2台設置。顧客は、メニューを選び、現金やコード決済、クレジットカード、電子マネーで事前に購入商品の代金を支払う。注文は厨房(ちゅうぼう)のディスプレーに表示し受け付ける。その後、店舗にあるタブレットで、オーダーの状況を確認し、調理が終わった商品を受け取る仕組み。

<「ポスタス」の概要>

注文や顧客など管理には「ポスタス」と呼ぶシステムを導入した。アプリとも連動しており、顧客はダウンロードすれば事前注文、ポイントサービスなどを利用できる。

<コンベヤー式のオートフライヤー>

オートフライヤーは、コンベヤー式で遠赤外線機能が付いた機器を採用。揚げからできあがりまでを自動で行うため、店員は衣をつけたフライドチキンをフライヤーに入れるだけで作業が済む。また、遠赤外線効果で鶏肉がしっとりと揚がるため品質が向上した。

一方で、セルフレジとオートフライヤーの採用は、店舗コンセプトの追求と業務効率化の側面もある。セルフレジの導入では、代金の支払いの接客が不要になり人件費の削減につながった。また、オートフライヤーで、商品をほぼ仕上げることができるため、店員の作業工程数が減少。空いた時間を別の作業に回せることで、商品の提供スピードが向上した。それに伴って客数が増加することも期待している。

吉祥寺店は、近隣に大学や住宅街があることから、10代後半~40代の男女を中心に、ファミリー層を顧客ターゲットにする。月間の目標来店者数や客単価は非公開。今回の出店はグループの天丼チェーン「てんや」とデータを共有し、人口特性などから最終的に決めたという。

ロイヤルフードサービスでは、今後、首都圏で郊外の住宅地を中心に5~10店舗の出店を計画する。直近に出店する店舗については「まずは『バターミルクフライドチキン』という商品と食文化を知ってもらうことと、郊外、住宅地などの立地特性でどのような顧客が見込まれるのかを確かめる意味合いが強い出店になる」(同)としている。

■Lucky Rocky Chicken(ラッキーロッキーチキン)吉祥寺
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-12-5 共立ビル1階
営業時間:10時30分~21時(デリバリー受付時間:20時30分、イートインL.O.とテイクアウト受付時間:20時45分)
TEL:0422-20-0050
店休日:不定休
店舗面積:46.16m2
座席数:13席(2名テーブル×2卓、カウンター×9席)
支払い方法:現金、コード決済(12ブランド)、クレジットカード、電子マネー
アクセス:JR中央本線 吉祥寺駅北口徒歩6分

関連記事

関連カテゴリー

店舗レポート 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧