メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ラーメン・カレー・定食/11月既存店売上ハイデイ日高4.6%減、壱番屋2.6%減

2021年12月22日月次

関連キーワード:

ラーメン・カレー・定食8社が発表した11月の月次営業情報によると、既存店売上高は丸亀製麺1.4%増、王将フードサービス0.6%増、リンガーハット3.7%増、ハイデイ日高4.6%減、幸楽苑1.9%減、いきなりステーキ1.8%減、壱番屋2.6%減、大戸屋10.1%増だった。

■トリドールホールディングス(2021年3月期:売上高1347億円)
全業態既存店売上高1.7%増、客数0.5%増、客単価1.1%増。
全店の売上高3.1%増。

うち丸亀製麺は売上高1.4%増、客数0.2%増、客単価1.2%増。

11月は出店0、閉店6、丸亀製麺店舗数836店、全店店舗数1029店。

■王将フードサービス(2021年3月期:806億円)
既存店の売上高64億8400万円(0.6%増)、客数610万5000人(2.4%減)、客単価1062円(3.1%増)。

全店の売上高66億4700万円(2.2%増)、客数625万8000人(0.8%減)、客単価1062円(3.0%増)。

11月は出店1、閉店1店、11月末店舗数733店舗。

11月度は10月度に続き、2カ月連続で同月比過去最高売上を記録した。 

まだ消費者行動がコロナ前に戻っていない環境を克服し、直営全店売上高は66億4700万円(前年同月比2.2%増)、既存店売上高は64億8400万円(0.6%増)となっている。

その主な要因は、店内売上が前年同月比2.8%減で戻す一方、テイクアウト・デリバリー売上が引続き高水準を維持し、4.7%増となった。デリバリーサービス実施店舗を直営店舗だけで昨年11月の328店舗から442店舗に拡大している。

■リンガーハット(2021年2月期:340億円)
既存店売上高3.7%増、客数2.7%減、客単価6.6%増。

うちリンガーハットは売上高4.3%増、客数3.0%減、客単価7.6%増。

浜かつは売上高1.2%増、客数0.6%減、客単価1.9%増。

全店売上高3.7%減、客数9.8%減、客単価6.8%増。

11月は出店1、退店0、期末店舗数はリンガーハット601、浜かつ85、その他5、合計691店。

■ハイデイ日高(2021年2月期:295億円)
既存店売上高4.6%減、客数5.5%減、客単価0.9%増。

全店売上高1.7%減、客数3.2%減、客単価1.5%増。

全店売上高の2020年2月期11月度との比較は、19.6%減。

出店2、退店4店、店舗数447店。

■幸楽苑(2021年3月期:売上高265億円)
既存店売上高1.9%減、客数1.5%増、客単価3.4%減、店舗数427店。

全店売上高5.8%減、客数1.6%減、客単価4.2%減、店舗数430店。

客数は、9月末の緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の全面解除以降増加に転じている。11月度は、「#外食はチカラになる」の取り組みの一環として、お子様セットが平日は無料、土日祝日は100円引きとなる「お子様キャンペーン」を実施したほか、平田牧場とのコラボレーション商品を復活販売。さらにテレビ番組「ジョブチューン」で外食チェーンのメニュー5品を合否判定する企画で同社は全品合格となった。これらの相乗効果により1.5%増となり、2021年5月以来6カ月振りに前年同月を上回る結果となっている。

■ペッパーフードサービス(2020年12月期:売上高310億円)
いきなり!ステーキの既存店売上高1.8%減、客数4.7%減、客単価3.0%増。
全店売上高18.0%減、客数20.1%減、客単価2.7%増、国内店舗数230店。

レストラン事業の既存店売上高9.8%減、客数15.5%減、客単価6.8%増。
全店売上高7.6%減、客数9.7%減、客単価2.3%増。国内14店舗。

11月20日TBS系列ジョブチューン『フードコート大人気店ジャッジ SP×超一流料理人』放送内にて、いきなり!ステーキが紹介され、メニュー5品すべてが合格した(ワイルドステーキ、ヒレステーキ、チーズハンバーグ、和牛乱切りカットステーキ、トッピングカレーソース)。

■壱番屋(2021年2月期:売上高442億円)
既存店売上高2.6%減、客数4.3%減、客単価1.8%増。

全店売上高3.6%減、出店4、退店4、店舗数1463店。

客数は、営業時間の短縮要請がなくなったことから、徐々に回復傾向にあるものの、政府主導の「GoToキャンペーン」もあった前年の水準には及ばず、前年比4.3%減となっている。

客単価は、ウーバーイーツや出前館などの配達代行が伸びたことにより、1.8%増だった。

■大戸屋(2021年3月期:161億円)
既存店売上高10.1%増、客数10.8%増、客単価0.7%減、店舗数301店(FC店178店)。

全店売上高23億1064万円(8.0%増)、店舗数309店(FC店180店)。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方