小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

オムニチャネル販促/ID-POS・購買データ活用事例紹介、7月17日開催

セミナー/2019年06月12日

大興電子通信は7月17日、「消費者との接点増加で売上アップ!オム二チャネル販売促進戦略とは~2019夏 時流に乗るための専門店セミナー~」を開催する。

専門店業界は消費者ニーズが多様化する中で、これまで行って来た以上の商品・サービス展開が求められている。

消費者に寄り添うサービス展開に必要なものは何か、オムニチャネルとID-POSの関係から今後の自社と消費者の接点増加を図り、消費者嗜好を確実にとらえて「売上アップを目指す」ことをテーマとしたセミナーを開催する。

経産省実証実験からみる電子レシート導入によるID-POS、アパレル・専門店向けMDシステム・POSシステム、IDに紐づく購買データを活用した販売促進方法などについて紹介する。

■開催概要
開催日時:7月17日(水)14:30~17:30 ※受付開始14:00~
開催場所:富士通マーケティング 本社(品川オフィス)
東京都港区港南2-15-3 品川インターシティ C棟(受付8階)
主催:大興電子通信
共催:富士通マーケティング、ログノート

■詳細・申込
https://www.daikodenshi.jp/event/20190610/

■プログラム
14:35~15:25(50分)
「経産省実証実験からみる”電子レシート”導入によるID-POS/個人購買データの販売促進活用と広がる顧客とのリレーション」

キャッシュレス化やアプリマーケティングが進む中、電子レシートを導入することで変わる「小売業と消費者の関係」、消費者への新たなサービスの創造、オペレーションの改善などについて、最新市場動向を交えて紹介する。

講師:ログノート

15:35~16:00(25分)
「アパレル・専門店向けMDシステム・POSシステム紹介~RetailFocus-Navi/RetailFocus-L~」

16:00~17:00(60分)
「顧客満足と企業利益を高めるオムニチャネル化に必須!IDに紐づく購買データを活用した販売促進方法とは?」

消費者の嗜好と購買環境変化に対応するため、オムニチャネル化推進の基本から、IDにひもづく購買データ活用に至る内外の事例を踏まえ、小売流通システムをどう要件定義し、開発し、継続的な支援をするのか、その概要を伝える。

講師:逸見 光次郎氏
<講師経歴>三省堂書店、セブンネットショッピング、アマゾンジャパン、イオン、カメラのキタムラを経て独立。プリズマティクス社アドバイザー、GMOメイクショップオムニチャネルスーパーバイザーを兼務。ビジネスフローとKPIツリー、LTV図によって企業の現状とあるべき姿を明示し、顧客(消費者)と企業の利益を重視したコンサルティングを行う。

17:00~17:30(30分)
展示会ソリューションデモ/個別相談会
展示ソリューション セミナー開催中は常時開催。
1.RetailFocus-Navi(専門店MDシステム)
2.RetailFocus-L(POSシステム)
3.ログノート iReceipt(電子レシート)

■問い合わせ窓口
大興電子通信 
リテール営業部 
担当:和尾
住所:東京都新宿区揚場町2-1
TEL:03-3266-8163
MAIL:retail@daikodenshi.co.jp

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧