小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

EC物流フォーラム/パルコ、ビームス、三菱商事など登壇、11月12日開催

セミナー/2019年10月25日

ロジスティクス・パートナーは11月12日、虎ノ門ヒルズフォーラムで「EC物流フォーラム2019」を開催する。

経営戦略やロジスティクス・SCM・流通分野で注目企業のキーパーソンが、旬の講演テーマで登壇し、Eコマースにおける物流の役割、事例、最新情報が学べる1Dayフォーラムを行う。

パルコ、CaTラボ、マンハッタン・アソシエイツ、プロロジス、CAPES、クイックトロン、ビームス、フェリシモ、スクロール360、トラスコ中山、タナックス、三菱商事、MonotaRO、店舗のICT活用研究所の各実務担当者が登壇する。

Eコマースの発展により、インフラであるシステム・店舗流通・物流オペレーション・物流拠点は、より柔軟な対応が求められている。

物流に関して改善意欲の高い、物流担当・物流業界のエグゼクティブの役に立つ最適な情報を提供する。。

<前回の会場風景>
前回の会場風景

■登壇企業
パルコ、CaTラボ、マンハッタン・アソシエイツ、プロロジス、CAPES、クイックトロン、ビームス、フェリシモ、スクロール360、トラスコ中山、タナックス、三菱商事、MonotaRO、店舗のICT活用研究所

■詳細・申し込み
https://academy.impress.co.jp/event/201911eclogi/

■開催概要
日時:11月12日(火)9:30~18:00(受付9:00~)
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム
東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー4階
http://forum.academyhills.com/toranomon/access/
受講料:無料(事前登録制)
来場者数:500名想定(同時開催展計:4000名予定)
来場者対象:製造業・小売業・卸売業の経営企画、生産管理、システム部門、ロジスティクス部門、 SCM部門、輸出入部門、物流子会社、3PL、倉庫、運送会社、行政、自治体、コンサルタント、 研究者他    主催:ロジスティクス・パートナー、LNEWS、流通ニュース
共催:インプレス
同時開催:ネットショップ担当者フォーラム、Web担当者Forumミーティング

■プログラム
9:30~10:30 オープニング基調講演 「パルコのデジタル戦略(仮)」
パルコ 執行役 グループデジタル推進室担当 林 直孝氏
CaTラボ 代表 オムニチャネルコンサルタント 逸見 光次郎氏

デジタルSC(ショッピングセンター)プラットフォーム構想を掲げ店舗のデジタル化に積極的なパルコは11月22日(金)、新生「渋谷PARCO」をグランドオープンする。店舗販売とECを併設したオムニチャネル型売場ゾーンや、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術を活用し、3次元のクリエイティブ作品をスマートフォンやAR対応グラスで体験できる空間などを設置したデジタル時代に対応した新しい売場作りについて解説する。

10:45~11:30 講演
「在庫情報の一元管理から始める、真のオムニチャネル化への第一歩~段階的に引き上げる高度なEC物流環境~」
マンハッタン・アソシエイツ 日本・韓国代表 清水 博氏
マンハッタン・アソシエイツ ソリューションコンサルタント 楢崎 芳樹氏

小売業のEC化率は、日本を含め、今後も世界的に成長が継続すると予想されている。現在、配送方法の多様化やIoTの活用といった物理的な改善に着目しがちだが、それらは小売業が検討すべき対策のひとつのステージに過ぎない。セッションでは、マンハッタン・アソシエイツが考えるオムニチャネルの段階的発展手順と、それを実現するソフトウェアの高度な機能を紹介する。

11:45~12:30 ランチセッション(軽食を提供)
調整中

12:45~13:30 講演
「中国AIロボット最前線~ コラボレーションによる庫内の最適化ソリューション」
プロロジス 開発部 ディレクター 高橋 健太氏
CAPES 代表取締役(プロロジス コンサルティングパートナー)西尾 浩紀氏
クイックトロン・ジャパン 代表取締役 大島 真一氏

複数の物流ロボットの国内初導入を手掛けてきた、プロロジスのコンサルティングサービスを解説。庫内の最適化提案だけでなく、新しいテクノロジーを活用した機器や設備の選定・導入、作業フローの見直しなど、現場の物流業務に踏み込んだコンサルテーション本格始動。世界トップクラスのAIロボティックス・メーカーであるクイックトロン(Quicktron)社によるAIロボティクス最新テクノロジーについても紹介する。

14:00~14:45 講演
「ECビジネスの根幹を担うオムニチャネル・OMO時代のEC物流とは(仮)」
ビームスホールディングス ロジスティクス本部 副部長 竹川 誠氏
フェリシモ 新事業開発本部 物流EC支援事業部 部長 市橋 邦弘氏
スクロール360 常務取締役 ビジネス戦略室長 高山 隆司氏

15:00~15:45 講演
「高密度収納・高効率出荷を目指す、トラスコ中山の物流のリアルと戦略~段ボール梱包の常識を変える、タナックスの『Just fit BOX』とは~」
トラスコ中山 取締役 物流本部 本部長 直吉 秀樹氏
タナックス 物流ソリューション部 営業戦略部 部長 平岡 秀教氏

日本のモノづくりのお役に立つという志で、徹底して問屋を極める工場用副資材の卸売企業のトラスコ中山。入出荷量が増大する同社物流のリアルとともに、即納体制を強化するための物流戦略、最新の物流イノベーションを伝える。
トラスコ中山は、高密度収納・高効率出荷を目指す中で、効率的で無駄のない物流改善のため、タナックス提案の段ボールを自動で製造できるシステム『Just fit BOX』を導入。同システムの導入効果を踏まえた梱包現場の働き方改革をタナックスが紹介する。

16:00~16:45 講演
「総合商社が考える、EC物流のこれからのカタチ~はじめまして、三菱商事です~」
三菱商事 コンシューマー産業グループ 物流事業本部 戦略企画室長 引網 康暁氏

17:00~18:00 クロージング基調講演
「『モノタロウ』が9年連続で20%成長している理由は? ~現場のニーズを先回りする強さの仕組み~」
MonotaRO データマーケティング部門 米島 和広氏
店舗のICT活用研究所 郡司 昇氏

9年連続で20%以上の売上成長率を記録している「モノタロウ」。商品点数1800万点超を売るデジタルマーケティングなどのフロント、膨大な出荷量に対応するためのロボット物流といったロジスティクスなどのバックヤード、大規模ECサイトを支える開発の内製化といったシステムや文化など、「モノタロウ」の事業、支える仕組みについて解説する。

■問い合わせ
インプレス イベント事務局
TEL:050-3356-0787
FAX:045-680-2122
受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)
impress_seminar@pep-p.work

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧