メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ギフト売上の再活性/ヒット商品開発、チャネル別拡販学ぶ3月26日開催

2021年03月02日セミナー

マーケティング研究協会は3月26日、「成功事例から学ぶ ギフト売上再活性-新ブランド・新商品開発-」を開催する。

コロナ以前から現在まで、ギフト市場を取り巻く環境は激変している。現在のような環境下においてもギフトブランドの商品開発、リニューアルによって大きな成果を得ている企業もある。

今回のセミナーは、成功要因を分析すると同時に、ギフトブランド・商品開発で押さえるべきポイントについて、ギフトビジネス歴25年以上のギフト専業コンサルタントが解説するもの。

「ギフト市場の現在と今後の予想」「ギフトのこれからのヒット商品開発のポイント」「ヒットギフトの成功要因の分析」「ギフト拡販のためにチャネル別に実施すべきこと」「自社営業に売ってもらうためのポイント」などを学ぶ。

■開催概要
2021年3月26日(金)13:00~17:00
会場:ZOOM社ウェビナーを使用したWEBセミナー
受講料:1人42,000円(税込)

■詳細・申込はこちら
http://www.marken.co.jp/seminar/2021/03/post_732.php

■プログラム
1、新ギフトマーケット時代の到来
~データからの未来予測~
1)ギフト市場「変化」の背景と既存ギフトチャネルの現状
2)EC市場でのギフトの買われ方と消費者が求めるニーズ
3)コロナがもたらした環境変化をチャンスに変える考え方

2、商品・サービス開発の注目ポイント 「新ターゲット」×「新ギフトブランド・商品開発」
1)新ターゲット:対象となる市場は176万人存在
2)新ギフトブランドの方向性
・D2C
・スーパリッチプレミアム
・これから本格化するSDG‘sなど
3)新ギフト商品のヒント:具現化すべきは世界観
・強みを生かした高価値型、高価格ギフト商品開発
・商品だけでもダメ、ポイントは5つの手間と7W3H
・ギフトに向く商品と向かない商品
4)ギフト通販の超えるべきハードル「3つのT」
5)コラボでのニーズ充足を狙った新商品・サービス開発

3、価格帯別:成功ギフト事例の要因分析
(食品)価格帯500~1500円 ブランド刷新で売上137%↑
(食品)価格帯5,000~10,000円 ターゲット・用途の変更  
(食品)超高級30万円 ラインエクステンションでの成功例
(雑貨)使用の対象を変更 新市場開拓
その他 複数の事例も要因分析

4、どこで売るか?! 新しいギフトブランド・ギフト商品で切り開く新市場
1)新市場(既存の百貨店にプラスする市場)へのアプローチ
2)リアル店舗で狙うべきは雑貨セレクトショップ・高級専門店
~環境は変化した。再挑戦の進め方
3)ECサイトは選別が重要

5、再活性のポイントはギフト・ブランドの周知・浸透
1)シーン・ターゲット別、どこで知ってもらうか
2)どうやって広めてもらうか
3)既存の量販チャネル対策として、
自社の営業に活動してもらうコト、そのために必要なコト

■講師
園 和弘氏
売れるギフト通販研究所 代表取締役
略歴:通販、ギフト業界合わせ、通算25年以上の職務経験を経て2015年にコンサルティング会社を創業。2017年にはギフト通販ビジネスのコンサルティングに特化した売れるギフト通販研究所を東京・銀座に開設。創業から100社超の企業を本物の実務指導から幾多の成功へと導き、全国の経営者から厚い支持を得ている。

・通販ギフトコンサルティングでの主な実績
お取り寄せ商材をギフト化、取り組み後半年で売上3倍に。
大手通販会社との取引拡大で4億のビジネスが1年で8億のビジネスに。
新ギフト商品開発を軸にしたブランディング戦略で前年比137%に。

・著書:『「ギフト商品」を通販で売る~売上3倍・利益10倍に伸ばす戦略~』(同文舘出版) 

■注意事項
申込に際して、申込フォーム備考欄に追加で下記の内容を記入のこと。郵送で送付するため、テレワークの中の際は自宅など受け取れる住所と電話番号を記入。
1)テキスト送付先
・会社
・自宅
2)セミナー当日に連絡が取れる携帯番号

■問い合わせ先
http://www.marken.co.jp/seminar/2021/03/post_732.php

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方