メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

名鉄/中部国際空港のセントレアホテル、新棟を2018年秋開業

2016年11月15日店舗

名古屋鉄道は11月15日、愛知県常滑市の「中部国際空港セントレアホテル」に、2018年秋の開業を予定する新棟を建設すると発表した。

<新棟のイメージ>
新棟のイメージ

今回の新棟建設は、中部国際空港における昨今の利用者増加や、2019年に予定されている大規模展示場の開業及び新ターミナルの整備など、空港島内の集客機能が充実することを見据えて取組むもの。

同ホテルの隣地に建設予定で、土地所有者の中部国際空港と新棟建設に関する基本合意書を締結しており、建物は名古屋鉄道が所有し、運営は名鉄グランドホテルが行う。

新棟概要(予定)
所在地:愛知県常滑市セントレア1-1
規模・構造:鉄骨造11階
延床面積:約7000m2
客室数:約150室
開業:2018年秋(予定)

セントレアホテル概要(既存棟)
規模・構造:鉄骨造12階
延床面積:1万2535m2
客室数:221室
開業:2005年2月

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方