流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





道の駅/10駅が新規登録で1117駅に、2.7万m2の規模も

2017年04月21日 14:30 / 店舗

国土交通省は4月21日、「道の駅」の10駅が新規登録を行い、1117駅となった。

<道の駅登録箇所(10箇所)>

<木更津うまくたの里の完成イメージ>

<位置図>

新規登録となった「木更津うまくたの里」(千葉県木更津市下郡)は、9500m2の面積で、農林水産物・加工品等物販施設、飲食施設、情報発信・観光案内センター、地域コミュニティスペース、交流・イベント広場を設ける。2017年度のオープンの予定。

<パレットピアおおの>

岐阜県揖斐郡大野町の道の駅「パレットピアおおの」は約2万7000m2の規模。

駐車場230台、トイレ20器、情報館、物産加工・販売所、飲食施設、子育て支援施設、防災備蓄倉庫、災害用施設(トイレ・貯水槽・非常用電源)、イベント広場、バス停留所を設け2018年度オープン予定。

町特産の農産物直売所(柿・バラ等)や地元食材を使用しレストラン、手作りパンコーナーを設置し、大規模災害時には、県の広域防災拠点として自衛隊・警察等の活動拠点として活用、町内外の親子が交流できる、子育て支援施設(調理室、授乳室、子ども用トイレ等)を設置する。

<北欧の風 道の駅とうべつ>

北海道石狩郡当別町当別太の「北欧の風 道の駅とうべつ」は、面積約2万4500m2。

センターハウス(レストラン、テイクアウトコーナー、アトリウム、特産品販売コーナー、情報発信コーナー)、農産物直売所、交流広場を設け、2017年度にオープンを予定している。駐車場80台、トイレ37器。

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧