小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

平和堂/来春、大津パルコ跡地にスーパーマーケットを出店

平和堂は10月25日、滋賀県大津市の「大津パルコ跡地」の大型商業施設に、テナントとして店舗を出店すると発表した。

<大津パルコ>
大津パルコ

大津パルコは8月31日に閉店している。施設は現在、アーク不動産が取得しており、2018年4月からアーク不動産が施設を運営する予定となっている。

食料品を中心としたスーパーマーケットタイプの店舗をこの商業施設1階に設置する予定で、来年春のオープンを目指し、店舗従業員の採用活動など出店準備を開始した。

現在、近畿東海北陸の2府7県に150店、うち滋賀県内には73店、大津市内には16店の総合スーパーや食品スーパーマーケットを営業しており、地域密着型の経営をモットーとしている。

来年春にオープンするスーパーマーケットも、お客の毎日の食卓や生活の役に立つ店舗として、いつでも気軽に利用できる空間を創造し、地域の日常に寄り添い気軽で親しみやすい存在として愛される店舗を目指す。

1階フロアの一部エリアに出店する予定で、具体的な店舗規模や営業時間は今後、発表する予定だ。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧