小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

バンダイナムコ/英国老舗玩具店とFC契約、日本進出1号店を年内オープン

バンダイナムコアミューズメントは5月25日、Hamleys(Franchising)Limited(以下:ハムリーズ社)と玩具小売事業に関するフランチャイズ契約を締結し、年内をめどに日本国内でのハムリーズブランドによる店舗展開を行うと発表した。

<英国の老舗玩具店とFC契約>
英国の老舗玩具店とFC契約

「Hamleys」(以下「ハムリーズ」)は、1760年、ロンドンでウィリアム・ハムリー氏が創業した英国最古の玩具店。

258年以上の経験を持つ「ハムリーズ」は、現在世界19か国に133店舗を展開している。

「ハムリーズ」の特徴はそのユニークな体験型販売スタイルにある。

「おもちゃを人生にもたらす」ことに焦点をあて、子どもが店内のおもちゃで遊ぶことを積極的におすすめすることをはじめ、スタッフによるおもちゃの魅力的なデモンストレーションや、家族で楽しめるアトラクションなどを含め、「ハムリーズ」は「世界で最高のおもちゃ屋さん(The Finest Toy
Shop in the World)」と称している。

「ハムリーズ」日本進出1号店は、ハムリーズ社とのパートナーシップのもと、同社がこれまで培ったテーマパークやアミューズメント施設の運営実績を基に、英国の「ハムリーズ」と同社のノウハウを融合した独自の「リテールテインメントモール」として開発する。

日本進出1号店は、年内にオープンする予定。

同社の萩原仁社長は、「258年にわたってハムリーズが育んできたフィロソフィーやストーリーを大切に守りながら、バンダイナムコアミューズメントが持つエンターテインメントのエッセンスを融合させた『いま、ここにしかない』お店での体験を、日本のお子さまをはじめ好奇心にあふれるたくさんのお客様にお届けしたいと考えております」とコメントしている。

また、ハムリーズ社のRalph Cunningham・CEOは、「日本市場に対する深い知識があるバンダイナムコは最適な戦略パートナーです。日本はエキサイティングで重要な市場であり、ハムリーズの継続的な国際成長戦略の鍵です」。

「私たちは、世界中の子供や家族の顔に笑顔をもたらし、この素晴らしい市場にユニークなハムリーズの店内体験を提供することを楽しみにしています」とコメントしている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧