小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンモール/広東省3号店「広州金沙」オープン、170店集結

イオンモールは11月9日、中国広東省広州市の白雲区内に、広東省3号店となるショッピングモール「イオンモール広州金沙」をオープンする。

<イオンモール広州金沙>
イオンモール広州金沙

イオンモールは、成長戦略として海外事業展開に注力。中国では2008年に1号店をオープン以来、4つのエリア※を中心に集中的に出店を進め、現在までに合計18モールを展開している。

同モールが出店する広州市白雲区は、広州市の都心部では最大面積を有し、常住人口も240万人ともっとも多いエリア。立地する金沙洲エリアは、広州市と佛山市の市境に位置し、政府による「広佛一体化」政策により、地下鉄6号線の開通や新たな住宅開発が進行し、急速に人口が増加している。

周辺のアクセス環境は、広佛高速及び広州外環高速のICが至近のため、広域からの来客も期待できるという。

<約170店舗が集結>
約170店舗が集結

エリア初出店となる100店舗を含む約170店舗が集結。

モールコンセプト「Share the Oasis」(共有のオアシス)にふさわしい、都会的なデザインとくつろげるスペースとなっている。

1階「Food Villa Market」ゾーンは、ファストフードとローカルフードの専門店25店舗が融合した食の一大コンセプトゾーンを展開。

2階「Re-Creation」ゾーンは、「新たな趣味や体験を、思いのままに」をコンセプトにブックストアやファッション・雑貨をキーワードに新たな価値観を発信する。

3階には、地域最大級となるキッズゾーンが誕生。人気の3つのキッズアミューズメントと大型キッズストア「孩子王」が出店する。

4階は、「中国の食」を代表する広東料理を中心に特色ある中華料理が楽しめるコンセプトゾーン「China Dinig Terrace」と、アミューズメント、シネマコンプレックスで「食べる+遊ぶ」空間を提供する。

広東省22店舗目となる総合スーパー「イオン広州金沙店」も出店する。

■イオンモール広州金沙
住所:中華人民共和国広東省広州市白雲区沙鳳三路1号
出店店舗数:約170店舗
核店舗:イオン広州金沙店
サブ核店舗 :UNIQLO、UR、O.C.E、SPORTS FACTORY、中信書店、NOME、ニトリ、孩子王、Cartoony、Molly Fantasy、奥飛歓楽世界、亜恵美食広場、中影国際影城
敷地面積:約7万1700m2
延床面積:約19万5000m2
総賃貸面積:約6万5000m2
駐車場台数:約3000台
建物構造:RC造 地上4階 地下2階
営業時間:専門店 10時~22時、シネマコンプレックス 10時~24時、イオン広州金沙店 10時~22時
火曜日は1階のみ9時オープン
休業日:年中無休
従業員数:ショッピングモール全体 約2,000名(内、イオン広州金沙店約200名)
基本商圏:車15分圏 約220万人 約73万世帯
http://guangzhoujinsha.aeonmall-china.com/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧