小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サミット/港区に再出店、都心型小型店1号店「三田店」オープン

サミットは11月21日、東京都港区に「サミットストア三田店」をオープンする。

三田店は江原町店(中野区、2018年2月開店)、本天沼店(杉並区、2018年10月開店)で店づくりを試行し、山手線の内側に出店する都心型小型店の1号店となる。

売場面積は991m2で地上3階建てで展開する。港区への出店は、1988年にサミットミニストア白金店(売場面積200m2)を閉店して以来となり、サミットの知名度がほとんどない地域への出店となる。

<出店場所>
出店場所

このことを踏まえ、近年取り組んでいる「おためし下さい」や「サミCafe」を設置するとともに、専任の「案内係」の配置を行い買い回りしやすく居心地の良い店づくりをする。

これまで培ってきた親しみのある接客やサービスをさらに向上させ、地域の皆様から「サミットができてよかった。」と言ってもらえる店づくりを目指す。
 
0.5km圏内の世帯数は9,743世帯、人口は17,195人(2017年住民基本台帳)と同社平均(6,341世帯、12,130人)を大きく上回っている。人口も増え続けており、ポテンシャルのある立地。

2015年国勢調査0.5km圏内の単身世帯比率は53.2%と同社平均(48.4%)より高く、30才から59才の人口は50.7%(2017年住民基本台帳)と同社平均45.2%を上回っている地域となる。

青果売場では「フレッシュサラダ&カットフルーツコーナー」で、店内で製造したカットサラダやカットフルーツを販売する。カットサラダは、16時以降に出来立ての商品を販売し鮮度の良さを訴求する。花きは、1階の入り口で2.7m2の売場で展開する。

鮮魚売場では、「おさかなキッチンコーナー」を導入するほか、下氷裸販売を実施することで鮮度感や品ぞうろえの豊富さ、ライブ感を演出する。店内手作りの「煮魚・焼魚」コーナーでは、圧力釜で調理した「骨までやわらか煮付」の品ぞろえや、夕方に「焼魚の焼き立てバラ販売」を実施する。
 
精肉売場では、本天沼店に続きひき肉の原料を生肉だけに変更し、更に食味を向上させる。「グリルキッチンコーナー」では、店内で販売している「生肉」を原料として調理した商品を販売する。単身世帯が多い地域であることから、少量商品の品ぞろえを充実させる。
 
惣菜売場は、ベーカリーとともに売場1階でのレイアウトとなる。売場中央では、昼食需要に対応して、店内手作りのお弁当や小さめの丼、おにぎり等を品揃えし、ベーカリーの商品も併せて選べる売場構成を採用した。店内でスライスしたネタを盛り込んだ寿司、少量商品を充実させた温惣菜をでき立て訴求する。

ベーカリー売場は、1階入り口先頭に配置するとともに、作業場を売場中央にアイランド形式で設置する。本天沼店と同様に売場が先頭となるため、品ぞろえ時間を通常より1時間早めて売場を充実させる。好評の窯焼きピッツァ、店内製造のサイドイッチを販売する。

加工食品売場は、「健康」「安心・安全」を意識した商品や「簡便商品」を多く品ぞろえする。店舗特性に合わせ、フリーズドライ商品や容器スープ、無菌パック米飯などの簡便商品の品ぞろえを充実させる。

同店の開店により、サミットストア店舗数は東京82店、神奈川14店、埼玉14店、千葉4店を合わせて、114店となる。

店舗概要
所在地:東京都港区三田5-11-12
TEL:03-5427-3310
建物フロアレイアウト:地上3階建て
売場面積:991.0m2
バックヤード:761.0m2
駐車台数:駐車場無し
駐輪台数:52台
営業時間:9時~23時(11/21~11/23の3日間は10:00開店)
年間休日:年2日
年商目標:20.8億円
従業員数:79.9人 (正社員23.5人、パートタイム・アルバイト社員56.4人)
※パートタイム・アルバイト社員は173時間/月=1人で計算

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧