小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日販/六本木に入場料ある本屋「文喫」出店、本との出会い提供

日本出版販売は12月11日、六本木に本との新たな出会いをテーマにした本屋「文喫」をオープンする。

<入場料ある本屋「文喫」>
入場料ある本屋「文喫」

同店では、人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで、約3万冊の書籍を販売。

また、一人で本と向き合うための閲覧室や、複数人で利用可能な研究室、小腹を満たすことができる喫茶室を併設している。

エントランスでは約90種類の雑誌を販売する。他の書店の店頭では、あまり出会うことのできないラインアップも交え、来店者の新たな興味の入り口となる仕掛けを施している。

企画展も定期的に開催予定。

入場料1500円を支払い、コーヒーを飲みながら一日中本に浸る、じっくりと過ごすといった、3万冊の中から意中の1冊と出会うための時間を提供する。

新たな本との出会いを提供するために、事前に連絡のあった顧客の希望(テーマやジャンル、本の好み)に合わせてスタッフが本を選ぶサービスも展開予定。

2018年9月に設立された日販グループ会社のリブロプラスが運営する。

■文喫 六本木
住所:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1階
営業時間:9時~23時(L.O.22時30分)
定休日:不定休  
席数: 90席
入場料:1500円(税抜)
公式サイト:bunkitsu.jp

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧