小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

うん間違いないっ!/中野坂上に高級食パン専門店、味の秘密は油脂

店舗/2018年12月18日

高級食パン専門店「うん間違いないっ!」は12月19日、東京・中野坂上に1号店をオープンする。

「うん間違いないっ!」は、高級食パン専門店をプロデュースするジャパンベーカリーマーケティングの岸本拓也氏がプロデュースした新ブランド。

<うん間違いないっ!>
うん間違いないっ!

商品は、プレーンの「Oh!間違いない」(税別800円)と、サンマスカットレーズン入りの「絶対100パーセント」(税別980円)の2種、それぞれ2斤サイズのみを販売する。

岸本氏は、「一品一品のクオリティを高めるため、商品は2アイテムに絞り込んだ。食パンは風味と食感にこだわり万人に愛される味を目指した。分かりやすさは忘れられにくさにつながる」と述べた。

日常的に食べられる高級食パンという位置づけと、ちょっとしたパーソナルギフトとしてお土産にも利用できるというシーンを想定し、販売価格を税別で1000円以下に設定した。

<店頭の商品ディスプレイ>
店頭の商品ディスプレイ

商品の味わいは、口の中でスッと溶ける食感を目指し、パンの耳が薄く、ほのかに優しい甘味を感じさせる味わいに仕上げた。

<ベーカリープロデューサーの岸本氏>
ベーカリープロデューサーの岸本氏

飽きの来ない味わいのポイントについて岸本氏は、「自分自身13年間ベーカリーを運営してきて、飽きの来る味と飽きの来ない味わいの違いの線引きができてきている。ポイントは油脂の量で、コクのあるどっしりとした味わいは、美味しいが飽きられやすい。これまでプロデュースしたパンも、ほのかな甘さを追求しており、お客さんの8割がリピーターとなっている」と解説した。

「うん間違いないっ!」の今後の商品展開については、現在の定番2品目の細かなブラッシュアップを行う方針で、新商品を投入することは考えていないという。

<食パンの耳を薄くすることで甘味を出した>
食パンの耳を薄くすることで甘味を出した

「Oh!間違いない」と「絶対100パーセント」のパン生地は同じもので、奄美諸島のざらめ糖、奄美大島の真塩など、こだわりの食材を使用し店内で焼き上げている。

<奄美大島の真塩を使用>
奄美大島の真塩を使用

店舗名の「うん間違いないっ!」は、誰もが食べた瞬間つい「うん間違いないっ!」と口に出してしまう程、くちどけが際立つ食パンであることから命名した。

岸本氏は、「おいしさを超えた楽しさを提案することをテーマにプロデュースしており、パンの新しい価値を作り上げることを目指している」と語った。

<店内でパンを焼き上げ>
店内でパンを焼き上げ

おすすめの食べ方は、ほのかな甘みがあるパンのため、焼き立てをそのままちぎって食べる食べ方だが、家庭では、カツサンド、タマゴサンドなど塩気のある食材との相性も良いという。

水分量の多いパンのため、購入当日は生食で食べるのがおすすめで、翌日以降は、厚めにスライスしてトーストで食べるのがおすすめ。賞味期限は購入から2~3日程度。

トーストでは、冷えた有塩バターを3mm程にスライスして、冷たい固まりのままのせて食べる、オリーブオイルをかけて塩を一振りする、はちみつをかけて塩を一振りするといった食べ方を提案している。

<店内で粉から生地を作り上げる>
店内で粉から生地を作り上げる

店舗面積は約45m2で厨房面積は限られているが、粉から生地を作り発酵させ、焼き上げる過程を店舗で行っている。

店舗だけでは製造能力に限りがあるため、一部の商品は近隣のセントラルキッチンで焼き上げた商品も供給する。

1日の製造本数は250本から300本を想定しており、行列ができる場合は整理券の配布を予定している。

<食パンの包装にも間の文字をデザイン>
食パンの包装にも間の文字をデザイン

商品開発期間は約2年間で、誰でもマニュアル通りにやれば同じ品質のパンが作れるマニュアル作りに時間がかかったという。

分かりやすく商品を伝えるため、包装紙にもこだわり、味わいにびっくりした日本人と外国人の顔を包装紙にデザインした。食パンの包装にも間違いないの「間」の文字をデザインし、インパクトを出した。

店舗の運営は、練馬区で医療介護・就労支援事業を行うアイラスグループが行う。

アイラスグループは7月14日に、練馬駅前にコッペパン専門店「北のコッペパン専門店 豪雪堂」を出店しており、パン専門店としては2店目の出店となる。

アイラスグループは、事業展開地域を重視しており、既存の事業展開エリアの練馬区や中野区、隣接する新宿区、板橋区、豊島区の住宅地での展開を想定している。

まずは、住宅とオフィスが混在し幅広い年代に親しまれている中野坂上で、近隣住民がリピーターになるような店舗を目指す。

店舗概要
所在地:東京都中野区本町2-50-11
TEL:03-6300-4156
アクセス:丸ノ内線中野坂上駅出口2番から徒歩2分
定休日:不定休
営業時間:11時~21時
店舗面積:約45m2

■うん間違いないっ!
http://www.un-machigainai.com/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧