流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





フジ/オープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」中国地区全店導入

2019年03月28日 14:00 / 店舗

フジは3月31日から、オープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」を中国地区全店舗に順次設置する。

<プドー ステーション>
プドー ステーション

近年、オンラインショッピングをはじめとする通信販売を利用する人が増加している一方で、いつ届くかわからない荷物も多いため、不在による再配達が増加している。

これを受け、フジは、昨年11月から四国地区の店頭に宅配便ロッカーの設置を進めており、現在50店舗でサービスを展開している。

この宅配便ロッカーは、ECサイト事業者での注文時に受け取り場所に指定でき、希望の店舗を指定すると、営業時間内であれば都合に合わせていつでも好きなときに荷物を受け取ることができる。

3月31日から広島地区、4月4日から山口地区でサービスを開始し、今後順次、中国地区全店舗への設置を進めていく。

<設置店・スケジュール>
設置スケジュール

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧