小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ニューデイズ/JR武蔵境駅に初の完全キャッシュレス店、首都圏で展開へ

店舗/2019年07月30日

JR東日本リテールネットは7月30日、JR武蔵境駅nonowa口(改札外)にセルフレジを活用した初の完全キャッシュレスの「ニューデイズ」をオープンした。

<初の完全キャッシュレスのニューデイズ>
初の完全キャッシュレスのニューデイズ

同社は、「6月末でニューデイズ491店、ニューデイズキオスク294店を運営する中で、セルフレジは372台導入しているが、新店はセルフレジだけを置いた初めての店舗となる。人手不足に対応、顧客サービス強化を図り、同店でノウハウを蓄積。早期に、首都圏でセルフレジを活用したキャッシュレス・無人店舗を展開する予定だ」。

「武蔵境駅は、乗降客数1日約13万6000人で、通勤、通学での利用者ほか、ラグビーワールドカップ2019の大会会場の一つである東京スタジアムへのシャトルバスの発着所となっており、幅広い集客を見込む」と説明している。

<会計はすべてセルフレジで行う>
会計はすべてセルフレジで

nonowa口は交通系カード専用改札口のため、若年層・女性層の利用が多いことを想定している。有人レジを設けず、会計はすべてセルフレジで行う。商品のバーコードを顧客が読み取らせ、Suicaなど交通系電子マネー、クレジットカードで会計する方式とした。

<バーコードを顧客が読み取らせる>
バーコードを顧客が読み取らせる

レジに店員を配置せず、品出しや商品の案内など店員にしかできないサービスへ注力。セキュリティ面ではカメラ6台を配置し、店舗には最低1名が常駐することで抑止を図る。

<商品数は500~600アイテム>
商品数は500~600アイテム

一般的なニューデイズは3000アイテム程度扱うが、商品数は500~600アイテムで、飲料、菓子、パン、おにぎり、雑貨など簡便商品に絞り込んだ。

<おにぎり、飲料などそろう>
おにぎり、飲料などそろう

狭小、品数を絞った店舗のため、日販21万円、1日の客数700人弱、客単価約300円を想定している。

たばこ・酒類の販売など年齢確認が必要な商品、テイクアウトコーヒー、値引・割引クーポン券、収納代行・チケットのサービスは取り扱わない。

<輸入品のミネラルウォーター>
輸入品のミネラルウォーター

若年層・女性層の利用を見込み、輸入品のミネラルウォーター・菓子、資生堂の美容飲料などをそろえた。

<輸入菓子も用意>
輸入菓子

また、スイカペンギングッズ、中央線130周年記念品、ラグビーワールドカップ2019の大会関連商品なども扱う。

<スイカペンギングッズ、中央線130周年記念品も>
スイカペンギングッズ

店舗入口には店頭ステッカーで、キャッシュレス店舗であることを明示。スピーディな店舗利用を促進する。

■ニューデイズ武蔵境 nonowa口
住所:東京都武蔵野市境南町2-1-28 nonowa 武蔵境
店舗位置:武蔵境駅 nonowa口改札外
営業時間:7時~22時
店舗面積:25.2m2
売場面積:18.2m2

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧