小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンタウン/「四日市泊」再出店、市内最大グルメゾーン展開

店舗/2019年10月30日

イオンは10月30日、三重県四日市市に11月16日「イオンタウン四日市泊」をオープンすると発表した。

1995年3月15日に「パワーシティ四日市」としてオープン、2011年に「イオンタウン四日市泊」と名称を変更し23年間にわたり営業したのち、2018年2月28日に一旦営業を終了した店舗を建替え、再出店するもの。

<イオンタウン四日市泊>
イオンタウン四日市泊

施設コンセプトは、「集い・育み・元気発信!3世代パワーステーション」で、24時間営業のスーパーマーケット「マックスバリュ」や、地域最大規模のホームセンター「スーパービバホーム」、市内最大規模のグルメゾーンを導入する。家電量販店、キッズ用品、ファッション、雑貨など108の専門店を集積する。

行政と連携したインフォメーションや地元の「四日市あすなろう鉄道」紹介コーナーも設置する。

■29店舗からなる市内最大規模のグルメゾーン

レストラン&カフェ11店、フードコート9店、食物販9店からなる市内最大規模のグルメゾーンを展開する。1階には明るく開放的なカフェやレストラン、人気の食物販が集まるエリアを配置。2階には、子ども連れに嬉しい小上がりを配置した約700席のフードコートを展開する。

レストランでは、沖縄発の人気ステーキ店「やっぱりステーキ」、握りたてを特急レーンで提供する回転しない瞬速寿司の「○新握一番」が三重県に初出店する。伊賀のもくもくファームが新業態として手掛ける農場カフェレストラン「農場カフェレストランSaRaRa」、京都嵐山で有名な手作り豆腐とそば料理の「清修庵」が出店する。

別棟には、伊勢湾から仕入れた厳選した海鮮とこだわり銘柄の日本酒を楽しめる居酒屋「海の台所鱗屋」が10月18日に先行オープンしている。

カフェでは旬なラテやコーヒーが楽しめる「スターバックスコーヒー」、世界中から厳選された本格珈琲が楽しめる「倉式珈琲」、四日市で行列ができる人気タピオカ店の「ボバカフェ」が出店する。

フードコートでは、名古屋めしやスイーツで人気の「名古屋めしかま濃」や、新鮮な魚介を気軽に楽しめる「おさかなごはんbowl kitchen」がオープンする。鈴鹿市で行列の絶えない人気店「中華そば大林」がSC初出店、秘伝のタレに漬け込んだ唐揚げが人気の「鶏匠縁屋」が三重県に初出店する。

食物販ではM、みたらし小餅で有名な創業380年の老舗和菓子店「千鳥屋宗家」、北海道グルメや名産品、ソフトクリームが人気の「北海道うまいもの館」、原材料にこだわり、焼き立ての食パンを提供する「一本堂」が三重県に初出店する。

■スーパービバホーム、ユニクロなど大型専門店が出店

大型専門店では、地域最大級の規模と1万点を超える品ぞろえのホームセンター「スーパービバホーム」が、4月24日に先行オープンしている。

家電専門店の「Joshin」、100円ショップの「ダイソー」が出店。旬のファッションアイテムからベーシックアイテムを取りそろえた「ユニクロ」・「GU」が出店する。

ライフタイル雑貨&ホビーでは、300円からのプチプライス雑貨を取り扱う「スリーピー」や、日々のくらしのなかに気軽な楽しさを提案する生活雑貨専門店の「デコホーム」が三重県に初出店する。人とペットが楽しい時間を過ごすための新しいライフスタイルを提案する「PETEMO」が出店する。

ヘルス&ウエルネスでは、24時間いつでもワークアウトできるジム「エニタイムフィットネス」、表現力や積極性を育むと注目のキッズスクール「イオン新体操」が出店する。天然溶岩石で美を磨くホットヨガスタジオ「アミーダ」、動きたくなる身体づくりをサポートする「ポジティブストレッチ」が三重県に初進出する。

羽毛布団などの大物や大量の洗濯にも対応するコインランドリーの「ランドリーカーサ」、身体をいたわるボディケアツール専門店の「ドクターエア」、美容院の白髪染めをもっと身近に利用できる「CASACOLOR」が出店する。

<施設配置図>
施設配置図

■SC内に常設のEVキッズカート専用サーキットコース

三世代で集い楽しむエンターテイメント&ベビー・キッズ専門店を導入。四日市市に隣接する鈴鹿市が世界に誇るモータースポーツをより身近に体験できるファミリー向けモータースポーツ施設「MIE Route 1 Circuit」が出店。

6~10歳のお子さまを対象とし、モータースポーツの1つであるEVカートのコースを日本で初めてSC内に常設し、将来のレーサー育成を目指したスクールを展開する。大人や、女性専用カートも用意し、家族で楽しめるサーキットとなる。

イオンのマタニティ・ベビー・キッズの総合専門店「キッズリパブリック」は、「総合子育て応援事業」として地域全体で「安心して子育てができる街づくり」を応援する。出産準備から未就学児童まで、ベビー用品やおもちゃを三重県内最大規模で展開し、子育てをサポートする。

ベビーコーナーでは、ベビーカーや抱っこひもを国内から海外ブランドまで幅広く取りそろえる。豊富な知識を有するコンシェルジュとして「ベビーアドバイザー」が相談事に対応する。

おもちゃコーナーでは2020年、小学校でプログラミングが必修化されることで注目が高まる「キッズ用パソコン」や子どもの考える力や豊かな創造性を育む「LEGOR」を東海エリアのイオン最大規模で展開する。

実際に商品をさわって試せる「タッチ&トライコーナー」も設置することで、親子でおもちゃを使った学びや遊びを楽しめる。

「家族×学び」をテーマにした書店の新業態「BOOK PARK miyokka!?」が出店。「ほんにふれる―ヨム・カク・ウゴク―」をコンセプトとする、書店(BOOK STORE)とインドアプレイグラウンド(PLAY PARK)からなる、家族のためのこれからの本屋を提案する。

本を通じた良質なインプット(ヨム)、アウトプット(カク・ウゴク)を体験できる。

2階には、子どもが伸び伸びと遊ぶことができる遊び場「KIDS FIELD」を設置。四日市市と連携した子育て支援イベントを定期的に開催する。

■イオンタウン四日市泊
所在地:三重県四日市市泊小柳町4-5-1
TEL:059-349-3180
敷地面積:約10万7393m2
総賃貸面積:約5万3067m2(本棟約3万2561m2、別棟約2万506m2)
駐車台数:約2300台
駐輪台数:約1100台
構造:鉄骨造2階建SC形状クローズドモール
店舗数:108店(核店舗・ATM含む)
営業時間:マックスバリュ四日市泊24時間営業
物販・サービス専門店10時~21時
レストラン10時~22時
ウエルシア10時~24時
休業日:年中無休
従業員数:SC全体約1,500人(内、核店舗約90人)
基本商圏:車10分圏世帯数:約5万5千人口:約12万人
https://www.aeontown.co.jp/yokkaichi/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧