メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

いきなりステーキ、ペッパーランチ/計114店を閉店

2020年07月03日店舗

ペッパーフードサービスは7月3日、いきなりステーキ!、ペッパーランチ業態計114店を閉店すると発表した。

2019年7月以降、いきなり!ステーキ業態において自社ブランド同士の競合が発生していることに鑑み、2019年12月期の出店計画を210店舗から115店舗へ見直した。既存店の売上対策に注力していたが、引き続き自社ブランド同士の競合などの影響が払拭できず、2019年11月14日に44店舗の退店を決議していた。

2020年2月以降の新型コロナウイルスの本格的な流行、緊急事態宣言の発令により、280店舗の休業を余儀なくされ、4月より役員報酬を3割~5割削減など行ってきたが、構造改革を促進すべく、各店舗の地域配分や収益性等を精査し、合計114店舗(予定)を閉店することを決定した。

北海道地方3店舗、近畿地方11店舗、東北地方10店舗、中国地方3店舗、関東地方57店舗、四国地方2店舗中部地方22店舗、九州沖縄地方6店舗を閉店する。

同社によると「閉店する114店のうち、両業態の内訳は明らかにできないが、大部分がいきなりステーキ!業態となる見込み」としている。

店舗の閉店により、店舗数は減少するが、採算性の高い店舗のさらなる売上の増加に加え、人員体制の見直しによる人件費の削減、物流及び広告関連費用といった販売費及び一般管理費の削減を見込んでいる。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方