メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ヤオコー/「所沢北原店」刷新、未来の旗艦店に向けたモデル店

2020年11月16日店舗

ヤオコーは11月20日、埼玉県所沢市の「所沢北原店」をリニューアルオープンする。

「the market Place 所沢北原」として、毎日のくらしに役立つ専門店を集積。中でも、「ヤオコー所沢北原店」は、ストアコンセプトは「おいしさ、こだわりが伝えられ、楽しく豊かな食生活を提案する店作り」と設定した。改装後初年度の売上は45億円を見込む。

商圏人口は1km圏内1万2000人(5000世帯)、3km圏内14万人(6万2000世帯)。

今回の改装では、これまでの旗艦店を踏まえた「未来の旗艦店に向けたモデル」店として、「素材の強化」「新提案」「価格コンシャス」でミールソリューションの充実をより深化。同社が得意とするMDの「選択と集中」を図り、「おいしさ、こだわりが伝えられ、楽しく豊かな食生活を提案する店」を実現する売場づくりを目指す。

テナントは、ラビット21(クリーニング店)、チャンスセンター(宝くじ)、シュープラザ、スギ薬局、美容室ムーブ、マクドナルド、PCデポ、ザ・ダイソー、マックハウススーパーストア、トイザらス、スタジオアリス、保険見直し本舗、すずらん歯科クリニック、医療法人二心 うだがわクリニック、ATM(埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行)が出店する。

牛肉の専門店、野菜コーナーなど充実

精肉は、牛肉の専門店を目指し、一頭買いによる品揃えの充実及び価格コンシャスの強化を図るとともに、生ハムには珍しい和牛のヒレを使った新商品を開発・導入。希少銘柄の産地フェアーの取り組みを行う。

ミートデリカでは、インストアの強みを活かした圧倒的な鮮度と素材の良さを訴求し、新しい食べ方を提案するという。

鮮魚は、定番の刺身材に加えて近海魚を強化し、専門店に負けない地域一番の品揃えと鮮度を実現。加工品の冷凍販売により、常に鮮度の良い商品の提供と価格コンシャスを実現する。

青果では、顧客の変化に対応するべく新たな売場、商品がそろう。

野菜は、緑黄色野菜コーナーを新設、乾燥野菜による新たな食べ方の提案、サラダ・産直野菜を強化。果物は、フルーツステーションを導入し、部門の垣根を越えた取り組みを行う。

また、無添加パインとキウイを新たに加えた。花は、圧倒的な鮮度を打ち出し、ハーブ鉢や野菜苗栽培キットなどの「育てて楽しむ成功体験」ができる商品を楽しめる。

鉄板焼の新ブランド「SACHI」立ち上げ

惣菜、寿司、ベーカリーの3部門において、精肉で人気の「ローストビーフ」、青果で人気の「ミゲールさんのあぼかど」など、共通の原料を活用した新商品をそれぞれ開発することで、一体感のある売場づくりをしていく。

惣菜は、新たに、鉄板焼ブランド「SACHI」を立ち上げる。既存のお好み焼き、焼きそばなどに加え、厚焼き玉子、炒めパスタ、牛ステーキ、ハンバーグなどを導入。できたてのおいしさを訴求するとともに、ライブ感ある鉄板売場を実現する。

また、デリカ・生鮮センターにて製造するどら焼き「幸どら」の販売を開始する。おはぎに次ぐ和菓子として提案する。

寿司では、惣菜で人気のメニュー「鉄板巻上げ自家製厚焼玉子」、「丸揚げ豚ヒレかつ」 を活用した新商品を展開。こだわりの「国産生本鮪」を使用した握り寿司は、「ハレの日にはヤオコーで」と、頼りにされる圧倒的な品質とおいしさを訴求するもの。

ベーカリーは、自社配合の天然酵母と低温長時間熟成した生地をスクラッチ製造、新たなパンのおいしさを提案する。ランチ向けには、サンドイッチやバゲットを使ったサンドを、夕食時のおつまみとしての商品を新たに販売するとともに、店内製造スイーツで差別化を図る。

バイオーダーでは、栃木県足利市の郷土菓子にヒントを得た「あんまる」、ヤオコー那須牛乳を使用したソフトクリームもそろう。

均一菓子の新ブランド「ヤッポーの家」「珍味めぐり」

日配食品では、原料にこだわった豆腐・大豆加工品を強化、チーズコーナーを拡充。ちょっとしたおかずや軽食を簡単に作れるスナック、使い勝手の良い冷凍野菜を強化することで簡便・即食ニーズにも応える売場を目指す。

ドライ食品は、家庭でも手軽に本格的な味を楽しめるよう、洋和風、オーガニック、ミル付きなどのスパイスの品揃えを充実。グループ会社の小川貿易がイタリアから直輸入する商品の売場を拡充するとともに、均一菓子において新ブランド「ヤッポーの家」「珍味めぐり」を立ち上げることで差別化を図る。

酒では、ワインを強化し、直輸入、オーガニックワインの品揃えを充実させるともともに、気軽にワインを楽しめる提案を行う。

住居関連では、ペット用システムトイレの新規導入、無添加フードを充実させるなどペットコーナーの強化、文具用品の品揃えを拡充する。

■「the market Place 所沢北原」概要
ショッピングセンター全体の規模
敷地面積:2万5398.5m2
延床面積:1万4250.2m2
売場面積:8541.0m2
建物構造:鉄骨造2階建て
駐車台数:614台
駐輪台数:238 台
テナント:ラビット21(クリーニング店)、チャンスセンター(宝くじ)、シュープラザ、スギ薬局、美容室ムーブ、マクドナルド、PCデポ、ザ・ダイソー、マックハウススーパーストア、トイザらス、スタジオアリス、保険見直し本舗、すずらん歯科クリニック、医療法人二心 うだがわクリニック、ATM(埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行)(順不同)

■ヤオコー所沢北原(ところざわきたはら)店
住所:埼玉県所沢市北原町1415-1
TEL:(代表)04-2991-6611
FAX:04-2992-2021
店舗面積:2664.03m2
延床面積:3838.93m2
営業時間:9時~22時
休業日:1月1日、1月2日、他1日
年間売上:改装後初年度45億円 (予定)
従業員:正社員30人、パートナー・ヘルパー・アルバイト180人(延べ人数)
商圏人口:1km圏内1万2000人(5000世帯)、3km圏内14万人(6万2000世帯)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月02日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方