メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

大創産業/渋谷マークシティに洗練された生活雑貨の新業態、中心価格は300円

2021年03月19日店舗

大創産業は3月26日、「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトとした新業態「Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツ バイ ダイソー)」の1号店を渋谷マークシティにオープンする。

<Standard Products by DAISO>
20210319d1 728x306 - 大創産業/渋谷マークシティに洗練された生活雑貨の新業態、中心価格は300円

「Standard Products」は、環境やライフスタイルの変化に伴う、良質で心地いい製品を長く使いたいというニーズの高まりに応え、普段の生活で使う日用品をちょっと楽しく、との思いで生まれた生活雑貨の新ブランド。組み合わせて使える収納ボックスなどのリビング用品、食器などのテーブルウエア、バッグ、服飾、雑貨などStandard Productsのオリジナルアイテム約1300品を扱う。

<重なりも美しい高台のない食器(各税込330円)>
20210319d2 - 大創産業/渋谷マークシティに洗練された生活雑貨の新業態、中心価格は300円

アイテムの価格帯の中心は、300円(税込330円)とし、ダイソーが展開する「THREEPPY」など300円ショップとは異なるアプローチにより、300円ショップ市場のさらなる拡大を目指す。

<新潟県燕市製のカトラリー(2本組税込330円など)>
20210319d3 - 大創産業/渋谷マークシティに洗練された生活雑貨の新業態、中心価格は300円

価格帯は、中心の300円以外は、500円(税込550円)、700円(770円)、1000円(1100円)。

年齢・性別を問わず、生活に取り入れやすいベーシックで洗練されたデザインに特化し、新しいスタンダードのあり方を提案する。

<オーガニックコットンタオル(税込330~770円)>
20210319d4 - 大創産業/渋谷マークシティに洗練された生活雑貨の新業態、中心価格は300円

買いやすさや使いやすさはもちろん、季節に合わせた素材や色などを取り揃えた商品のほか、今後は環境に配慮した素材など、サスティナビリティや環境問題を意識した商品開発を強化。年間約500アイテムの開発、オンラインショップでの取り扱いも検討していく。

1階の同じフロアに、渋谷区最大級の100円ショップ「ダイソー」も同時に出店予定だ。

■Standard Products渋谷マークシティ店
住所:東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ1階
営業時間:9時30分~21時※新型コロナウイルス感染拡大防止のため変更の場合あり
休業日:なし ※渋谷マークシティに準じる
売場面積:261m2
https://standardproducts.jp ※3月23日(火)公開予定

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方